フードデリバリー「Uber Eats」 神戸でサービス開始


 神戸市内3区内(中央区、兵庫区、灘区)で、「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が7月31日から利用開始した。Uber Eatsとは、米UberTechnologies社が提供するフードデリバリーサービスで、提携飲食店の宅配メニューをスマートフォンアプリで注文できるというもの。配達は飲食店の店員ではなく、一般の人が配達員として担い、提携飲食店は投資することなくデリバリー事業に参加が可能になる。配達員は、身分証明書の提出や審査を経た上で個人事業主として登録し、ユーザーや提携飲食店から評価もされる。
 同サービスは、2015年にアメリカでスタートして以来、世界35カ国200都市以上で展開。日本では2016年に東京で開始し、大阪市など徐々にエリアを拡大している。国内の提携飲食店は3,000以上、配達員は13,000人以上にのぼる。今後、さらにエリアを拡大していく予定。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/08/66436.html