駐車場が無料に 新たな収入は企業広告


 神戸エリアの駐車場シェアリングサービス「みんなの駐車場」が無料で利用できるようになった。サービスを開始した昨年9月当初は、月額固定料金で対象駐車場が停め放題だったが、9月に料金の無料化に踏み切った。完全無料の駐車場シェアサービスは珍しく、会員になればスマホアプリで提携駐車場の予約ができ、1回につき6時間まで利用可能。何度停めても無料だ。
 では、収入源は何か。企業の広告収入を見込んでいるようだ。
 無料にした狙いについて、運営する株式会社Minchu(神戸市)の代表取締役大﨑道雄氏は、「もともとは、坂の多い神戸にあちこち停め放題で定額の駐車場があれば便利と考えて始めた。無料にして利用が広がれば、広告を出す企業にもメリットが出て、さらに提携駐車場を増やせる。利用者を増やし、みんなの車生活を便利にしたい」と話す。広告は主に駐車場周辺の店舗からで、予約時や入出庫時に表示される。現在提携している神戸市内の8カ所以外にも早期に契約駐車場を増やし、近隣の芦屋市や西宮市にもサービスを広げる計画だ。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/10/68158.html