NIFRELにふれる VOL,33 生きものとアートにふれる展


現在開催中の「生きものとアートにふれる展」が来年1月6日でいよいよ終了に。ファッション誌「装苑」とのコラボで豪華なアーティストが彩った空間は今だけです。今月は2回目の来館となるファミリーにレポートしてもらいます。

私達が行ってきました

読者モデル 奈那ママ 亮パパ せなくん りなちゃん

毎回違う表情を見せるニフレルの生きもの
今回で2回目のニフレルでしたが、1回目とはまるで違う空間に彩られているのに驚きました!特に「いろにふれる」での「宇野亞喜良」さんのイラスト作品。照明の色が変わる度にイラストや生きものの表情も変わり、思わず見とれてしまいました。展示作品以外にも水槽の下からエイを見られたり、ワオキツネザルが展示の草を食べている姿を間近で見られたり、生きものとの距離が近く、色々な角度から違った姿を発見できます。何回でも楽しめますね。


本当に生きものとの距離が近い!食事中の姿をバッチリ観察。


アカエイが上を通る度、子ども達は大ハシャギ!


いきもの親子ぬりえインスタグラムキャンペーン!
抽選で20名にオリジナル卓上カレンダーをプレゼント!
①ぬりえの色を塗る
②ニフレルの公式アカウント(nifrel_official)をフォロー
③写真を撮って「#ニフレルのカレンダーがほしいよ」を付けてインスタグラムにUP!

期間:12/25(火)まで
時間:11時~16時まで
場所:2F ニフレルメイクス
参加費:無料

NIFREL
<ニフレル>
吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:0570-022060
開館時間 10時~20時(最終入館19時)
定休日 年中無休

この記事を書いた人:

北摂WEST版
大阪府 吹田市、豊中市、箕面市、池田市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifewest/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2018/12/69286.html