新たに消防訓練施設が誕生


 西宮市消防局は11月27日、消防訓練施設を甲子園浜に新設し、運用を開始した。7階建てマンションや一戸建てを模した建物で消火・救助訓練ができるほか、がれき現場や山岳救助に対応した施設等も備える。同局では、年々多様になる災害現場への対応能力向上のため、複数の部隊が連携した総合的な消防訓練が行える施設として、整備を進めていた。同施設は市民も利用可能で、水蒸気による濃煙体験や避難ハッチの使い方など、実際の火災に近い環境で防災訓練ができる。同局の担当者は、「実践に即した訓練を実施し、今後の災害対応に活かしていきたい」と話した。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2019/01/70306.html