小児 の不正咬合 は咬合誘導 とMFT が必要 〜子どもの 健やかな成長 の 為には咬合育成 を〜


子どもの 脳 の発達や顔貌 は、 咬 み 合 わせと口腔周囲 の筋力が関与しています。口 の 周りの筋肉 が 弱くバランスが 悪いと舌 で前歯 が 押され、開咬 や 出 っ 歯などの不正咬合になります 。 子どもの健全な咬合 を育成する 為 には歯並 び ・ 咬 み 合 わせの状態 を把握 し、その原因 を 取 り 除 く必要があります。 永久歯 に 生 え 変わるタイミングで咬合誘導することが有効です。舌 や口腔周囲筋のトレ ーニング (MFT・口腔筋機能訓練)、 咬合誘導 で健全 な 咬 み合わせを育成できます。 又、混合歯列期の軽度 の歯列不正 は 、部分矯正 とMFT で 治療します。 詳しくはかかりつけの歯科医院にご相談ください。





朝倉歯科医院/本院 かかりつけ歯科医機能 強化型診療所 大阪大学歯学部臨床研修施設
<あさくらしかいいん>
茨木市南春日丘1-1-19
TEL:072-625-2001
アクセス 春日丘本院は万博公園東口エキスポロード沿い
JR茨木駅からバスで5分

この記事を書いた人:

北摂EAST版
大阪府 高槻市、茨木市、摂津市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifeeast/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2019/03/71548.html