継承がなく永代供養のお墓「街中の樹木葬」という選択


 新しいカタチのお墓として全国的に広がる樹木葬。歴史が浅いにもかかわらず、お墓の悩みを持つ多くの方に広がりを見せている。なぜ支持されているのか、その理由に迫った。

【樹木葬の墓苑へ】
 「管理が大変」などの理由で墓じまいする人は年々増加。そんな中、新たなお墓の形として「樹木葬」が全国的に注目を集めている。「継承者に迷惑がかからない」「永代供養」といったお墓の悩みを解消し、「自然に還りたい」という想いも拾い上げる、まさにこれからの時代に適したお墓といえる。そもそも樹木葬とは、樹木や花を墓標として遺骨を杉コケなどに覆われた区画に埋葬する方法だ。阪急河原町駅から徒歩約10分、祇園の中心に「建仁寺 両足院」の樹木葬がある。青々と美しく育った常緑樹に囲まれ、四季あふれる大地で眠りにつける。通常の墓地同様、墓参りも可能。お寺の樹木葬だが、宗派を問わず利用でき檀家になる必要もなく、お寺づきあいが苦手な方でも安心だ。建仁寺では年に2 回合同供養祭があり、墓参後に住職からの法話、茶話会が行われている。

【契約者アンケート 選んだ理由とは】
 樹木葬に関心を持つ国立歴史民族博物館の山田准教授らが「京都の樹木葬」協力のもと実施した契約者へのアンケート調査では、生前に自らの墓所のために樹木葬を選ぶ方が多く、なにより驚いたのは満足度の高さ。「満足」が7割以上で、不満足は0名だった(回答数389名)。ただし、この結果は前述した建仁寺を含め京都市内5つの塔頭寺院で樹木葬を運営する「京都の樹木葬」の場合で、全ての樹木葬に当てはまるわけではない。選ぶ際には中身をしっかりと確認してほしい。

[セミナー開催]
永代供養で継承なく、現代に適したお墓「樹木葬」とは
参加無料
◆講師 山崎 譲二さん⦆
◆日時 5/27(月) 10時~11時
◆場所 なでしこホール8F 西宮市高松町5-39 ※阪急西宮北口から徒歩1分⦆
◆ 申込 06-6338-0640

[現地見学会]
6/1(土)、6/6(木)、6/9(日) 各10時~
希望される方は直接「京都の樹木葬」へ
お問合せください。

「京都の樹木葬」運営事務局 (有)カン綜合計画内
京都市中京区寺町通夷川上ル久遠院前町669
サンアートビル4F
TEL:075-257-7977
HP:http://www.jumokusou.jp/

この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2019/04/72383.html