神戸三宮駅前「さんきたアモーレ広場」 新デザイン決定


 阪急三宮駅東口、JR三ノ宮駅西口の北側に位置する、パイ山、デコボコ広場の呼び方で親しまれた「さんきたアモーレ広場」の新デザインが決まった。
 応募総数220作品のなかから新デザインに決まったのは、神戸出身の建築意匠設計士 津川恵理さんの「『Lean onNature』自然に寄り添い助け合ってきた神戸の新しいシンボルとなるように」という作品。「造形美が卓越しており、神戸にふさわしい先進的なデザイン」と選考でも高く評価された。震災から20年以上が経過し、新たなステージを歩み始めた神戸市。人が自然に寄り添いながら大震災を乗り越え、今に至るという歴史を汲んだシンボリックなデザインには、阪神・淡路大震災を経験した津川さんの思いが反映されている。
 市の担当者は「パイ山のように多くの人に愛される広場になれば」と話す。今後はこのデザインを基に整備を進め2021年春の供用開始を予定している。


この記事を書いた人:

阪神版
兵庫県 西宮市、芦屋市を中心に地域情報をお届けしています。

HP: http://platnavi.net/ebook/citylifenew/citylifehanshin/book.html


http://citylife-new.com/publicities/2019/04/72448.html