地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

絵画の“まなざし”を感じて

2019.09.27

 小磯良平や神戸にゆかりのある画家約20名の作品から、“視線”をテーマに作品を選んで展示。作品に描きとめられた人々の目やその視線は、その人の表情や内面の深さ、そして画家が作品に込めようとした想いを伝えてくれる。

日 時:開催中~11/10(日)月曜休館(ただし祝休日の場合は開館し、その翌火曜は休館)
    10時~17時(入館は16時半まで)
場 所:神戸市立小磯記念美術館(神戸市東灘区向洋町中5-7)
料 金:一般200円/大学生100円/高校生以下は無料
問合せ:TEL078-857-5880

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。