地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

ネイティブ並の英語力が求められる新大学入試 幼少期からの英語環境が決め手になる時代

2019.10.06

文部科学省が進める大学入試改革。特に英語の試験が大きく変わる。改革は2020年度から始まり、2024年度からは国際社会で通用するよう、聞く・読む・話す・書く、の4技能が重視され「ケンブリッジ英語検定」など民間資格・検定試験へ完全移行する。特に「話す」能力は受験前の1、2年で身につけるのは難しく、グローバルヴィレッジのように英語環境を幼少
期から与えることが望ましい。同校のプリスクールは入園希望者が多いため、2歳から入園させるには1歳時の見学がおススメだ。また同校では、「幼稚園、小学校に通わせながら英語にもふれさせたい」という要望に応え、千里山田校と高槻茨校でサタデースクールを開校している。関西で数少ないケンブリッジ国際児童英検認定校でもある同校。子どもの英語能力
を大きく伸ばしてくれる

グローバルヴィレッジ インターナショナルプリスクール千里山田校 グローバルヴィレッジ インターナショナルプリスクール

住所
吹田市津雲台7-4
電話番号
06-6831-8996
HP

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。