地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

武家と茶の湯

2019.11.22

 鎌倉時代以後、将軍家や大名などの武家は、はるばる大陸からもたらされた茶器や美術品を、「唐物」と称して珍重した。本展では香雪美術館所蔵の村山コレクションから、武家に縁(ゆかり)のある茶の湯の道具約60点を紹介する。

日 時:開催中~12/20(金) 10時~17時(入館は16時半まで) 月曜休館
場 所:香雪美術館(神戸市東灘区御影郡家2-12-1)
入館料:一般700円/大高生450円/中学生以下無料
問合せ:TEL078-841-0652

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。