LIFE PLUS(雑誌)

LIFE PLUS(雑誌)でのPRの強み

LIFE PLUSは「暮らし」「住まい」をテーマとしたフリーマガジンです。大阪府の北摂地域(吹田市・豊中市・箕面市・池田市・高槻市・茨木市・摂津市)、兵庫県(西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・神戸市東灘区・灘区・中央区)、大阪市内を中心に配布しています。顕在顧客・潜在顧客ともにリーチできるメディアです。

「巻頭特集」で         

空間から暮らし方を提案

巻頭特集では、「ニューノーマルなワークスペース」「家族で家事を楽しむ家」といったトレンドを踏まえた『暮らし方全体の提案』を、8~10ページで紹介しています。巻頭特集のテーマに合わせて、貴社の施工事例を編集部から紹介する記事体での広告展開も可能です。

Special
Topic

「つちかわれる、モノ・暮らし」 

物から暮らし方を提案

日々の暮らしを共にする、『丁寧につくられた道具(モノ)』を切り口に「暮らし」を考える特集ページ。 そのモノの良さや歴史、作り手を知り、住まいの中に取り入れることで、暮らしを見つめ直す企画です。

「誌上リフォーム」    誌上コンペで提案力訴求

実際にリフォームを考えている読者を募集し、1つの案件に対して各社がプランを作成。誌面上でコンペを実施する企画です。プランを通じて貴社の提案力や強みを訴求することができます。
※LIFE PLUSに掲載いただくと、無料でご参画可能です。※応募状況次第で架空のテーマとなる場合があります。

Magazine
Reform

「住まいづくりのヒント」    ローンなどのコラム展開

家を建てる前に知っておきたい情報を紹介する特集ページです。お金や土地探し、防犯、保険など、時勢に合わせて読者が興味を持ちそうなテーマをピックアップし、4ページ使ってしっかりと情報を伝えています。

ターゲットに効果的なPRが可能です

ターゲットに届く   PULL型の媒体

家の購入やリフォームは、人生の中でも数回あるかないか、ターゲットとの接点が非常に短い商材です。その特性から、情報を無差別的に届けるのではなく、少しでも住宅に興味がある段階にいるターゲットに訴求する必要があります。LIFE PLUSは住まいに特化した情報のみを掲載し、全てラック設置型で配布していますので、手に取るのは「住まいに興味がある人」です。

潜在顧客と顕在顧客
どちらにもリーチできます

書店で販売される専門雑誌は、具体的に検討を進めている段階の人が見られますので、有効な販売促進手法です。反面、「顕在化したパイの取り合い」となります。価格競争に陥らないために、自社の強み・ブランドを印象づけるには「家づくりの入り口」でタッチポイントを設けることが有効な手法です。

地域密着型で
商圏内に高い密度で配布

高槻市から神戸市中央区、大阪市内のみで配布となりますので、施工可能エリア内のターゲットに届けられ、ロスが非常に少なくなります。 さらに、無料メディアですので、販売本に比べ市場に出回る部数は圧倒的に多く、有益な情報を多くの方に情報を届けることができます。

Community

高クオリティでブランディングに最適

質の高い情報の編集、施工事例が映える上質な紙を使用していますので、「住宅」という高額商品に合うクオリティを担保しています。フリーマガジンですが、販売本に負けない「質」を目指しています。

Contents

検討段階の長期化を前提に   自宅での保存性の高さを実現

潜在顧客が実際に消費行動を起こすまでにはタイムラグが生じます。情報をストックし、具体的な動き出しで見直してもらうために、自宅に置いておきたくなるデザイン性、質感、内容を展開しています。 顕在顧客を取り込みながら、潜在顧客を育てていくことができます。

Editor

クロスメディア設計

Web版も展開

LIFE PLUSはweb版も運用しています。雑誌にwebの施工事例へのリンクを貼るなど、更に多くの情報を求める読者に情報を届けることができます。クロスメディア設計は、ユーザーのアクション率を高めます。その他にも動画の制作など、貴社の広報活動をサポートします。

LIFE PLUS 媒体概要

読者層

メイン読者は30~50代の女性、家づくりを検討している方

版型

A4版

発行日

年4回(2月15日・5月15日・8月15日・11月15日)

配布

部数

協力店舗での設置

5万部              

Cutline