地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

箕面市 東図書館がリニューアルオープン

2021.03.13

箕面市立東図書館(粟生間谷西3)が2月27日、リニューアルオープンした。1986(昭和61)年の開館から35年ぶりに館内を一新。遮音性の高い天井までの間仕切り書架を配置し、子ども連れでも気軽に楽しめる「にぎやかエリア」と、静かに読書ができる「一般エリア」とを区切り、年齢問わず読書を楽しめるつくりへと生まれ変わった。昨年10月12日から工事のため臨時休館しており、4か月半ぶりの開館。地元の人たちからは「待ったかいがあった」など喜びの声が聞かれているという。

新たにできた「にぎやかエリア」には絵本コーナー、育児本や雑誌がある「子育てサポートコーナー」「ティーンズコーナー」の書架を設け、中央には子どもが靴を脱いで入ることのできる円形の「キッズスペース」、その横には友人同士でおしゃべりができる「くつろぎスペース」も。改修前よりも窓が見える配置となり、空間を広く感じることができる。同市中央図書館でも好評の弁当の持ち込みも可能になる予定だ(3月上旬現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため見合わせ)。

にぎやかエリア

にぎやかエリアの反対側にある「一般エリア」には、より本に集中できる1人用のブース席も。

一般エリアにある1人用ブース席

館内にカップ式の自動販売機も設置し、両エリアでコーヒーなどを飲みながらの読書も可能になった。トイレもリニューアルして、幼児用ブースやベビーベット、和式トイレの洋式化も実施。

「図書館は静かにするもの」というイメージが強いが、小さな子ども連れの親子だと読み聞かせをしたり、大人同士で少しおしゃべりしたくなるもの。本を介した交流の場は地元の人の新たなスポットになりそうだ。

天井まで届く間仕切り書架

箕面市立東図書館

住所
箕面市粟生間谷西3-1-3
電話番号
072-729-1321

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。