地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

8月にオープニングイベント「箕面市立文化芸能劇場」

2021.06.07

箕面市が8月1日に「箕面市立文化芸術劇場」のオープニングイベントを開催する。8月1日から9月11日までの週末を中心に、箕面市ゆかりの出演者によるコンサートや演劇などを行い、全公演合わせて5,000人以上を無料で招待するとのこと。

オープニングイベントは8月1日、上島一彦市長のオープニング宣言と“左手のピアニスト”・智内威雄さんのリサイタルで幕を開け、地元私立高校校長の講演と卒業生による芸術パフォーマンス、吹奏楽団の演奏に演劇、桂ざこばさんらが「桂米朝一門会」など、家族そろって楽しめるイベントが目白押しだ。

箕面市はこれらのイベントに箕面市在住、在職、在学の人を抽選で招待するとのこと。応募期間は6月1日から7月13日までで、希望者は、ネットか、必要事項を記載した書面を市役所かメイプルホールに持参または郵送する。

申し込み方法の詳細は市公式サイトを参照(下記に記載)。

 

 

劇場は、令和5年度に開業予定の北大阪急行電鉄「箕面船場阪大前」駅前にあって、一足早い今年5月1日にオープンした複合公共施設内にある。

関連記事:箕面船場阪大前駅前の複合公共施設 5月1日オープン

劇場のホールは1,401席の大ホールと300席の小ホールの2つ。

報道資料によると、大ホールは「クラシック音楽などの演奏に適した高い音響性能と、さまざまな演出に対応する舞台設備を備えた、臨場感のあるホール

小ホールは「音楽演奏に適したシューボックス型で、市民のみなさんの表現の場としての活用を想定」しているという。

 

公共施設内には船場図書館や生涯学習センターも入り、隣には今年4月に移転開校した大阪大学もある。今後、箕面の文化発展の中心を担う新拠点で、門出を祝うにふさわしいイベントになりそうだ。

 

「オープニングイベントin箕面市立文化芸能劇場」を開催 5,000人以上を無料ご招待します!(市の公式サイトが開きます)

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。