地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

来春の認可保育園・こども園入所受付が 北摂各市でもスタート

2021.09.30

各市の認可保育園・こども園の来年4月入所の受付がスタートする時期。各市に認可保育園申請や待機児童の対策を聞きました。また、希望する園に入れない場合の選択肢を広げる方法も調べてみました(受付期間は各市のタイトルに表記)。

 

吹田市

【入所申請受付  10/1(金)~10/15(金)】

 

Q1 : 吹田市の待機児童対策は?

年々減少傾向にはありますが、完全に解消していない状況です。令和4年4月には市内で新規の保育園が4園整備され、また幼保連携型認定こども園に移行する園が4園あります。定員で約400名の増加を予定しており、待機児童の解消を見込んでいます。そこで、ご家庭には送迎の可能な範囲で、幅広く希望園(最大で第15希望まで)をご記入いただくことを推奨しています。

 

Q2 : 申込方法や吹田市ならではの特徴は?

入所申込は、新型コロナウイルス感染症対策のため、郵送受付としているほか、保育幼稚園室の窓口での相談もLINEを使った予約制となっています。さらに子育てと介護が同時期に発生する「ダブルケア」について、利用調整上の配慮を行うなど保育の必要度に応じたきめ細かな対応をしています。

取材協力 : 吹田市児童部 保育幼稚園室 入園グループ

 

 

豊中市

【入所申請 受付中 ~12/6(月)】

 

Q1 :豊中市の利用調整の特徴は?

豊中市は4月時点の待機児童数が4年連続ゼロですが、その維持のため多様な取組みを進めています。利用調整では、新規入所よりも転所の申込を優先しているので、0歳から2歳までの施設も希望に含めるなど幅広くご検討ください。

 

Q2 : 豊中市ならではの取り組みは?

「預かり保育充実幼稚園」認定制度があり、1日8時間以上開園し、土曜・日曜、祝・休日、年末年始を除く休業日が年間15日までの幼稚園を市が認定しています。利用対象は、新2号認定で私立幼稚園を利用する3歳児クラス以上の児童で、9時から14時までの保育料及び預かり保育料(上限あり)が幼児教育・保育の無償化の対象です。預かり保育を実施している幼稚園は他にもあるので、選択肢の一つとして検討してみてください。

取材協力 : 豊中市 こども未来部 子育て給付課 入所入園係

 

 

箕面市

【入所申請受付  11/10(水)~12/6(月)】

 

Q1 : 利用調整はどのように?

就労の場合は雇用形態に関係なく、父母それぞれの勤務時間等によって、必要度を決めています。希望園については1園のみではなく、送迎可能な園を多く希望いただくよう案内しています(希望数に上限なし)。

 

Q2 : 箕面市ならではの取り組みは?

お子さんが1歳児となる4月に復職などを考えられているかたに「入園予約制度」を実施。通常申込より内定が早くわかるため、復職などの見通しが立てやすくなります。「入園予約制度」は8月から申込み受付中。申込みの際は市内の4つの地域から希望地域を選んでいただき、希望地域内にある保育園に4月入園できることを保育の必要度に応じて9月~11月の間に順次お知らせします。保育園の決定は翌年1月末頃です。

協力 : 箕面市教育委員会 保育幼稚園利用室

 

 

保活をスムーズに進めるために

 

上記のように、各市とも、認可保育園入所には利用調整を行っているため、必ずしも希望する園に入れるとは限らない。そのため、希望施設を複数書くことを推奨しているが、やはり毎日通うことの利便性を考えれば、自宅や通勤に利用する駅の近くにある園に入所させたいところだ。
そこで、市への申請が不要な企業主導型保育園や認可外保育園も視野に入れて探すことも選択肢に加えたい。こちらは居住する市でなくても入所できるほか、3歳児から5歳児ならば、幼児教育・保育の無償化にも対応(非課税世帯の0~2歳児も対象)しているので、負担も軽減できる。いろいろ見学して、園の方針や特徴なども調べて、子どもに合った保育園を見つけよう。

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。