地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

箕面市 給付全額現金で給付する方針を決定

2021.12.15

箕面は、国が令和3年11月19日に閣議決定した「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に盛り込んだ「子育て世帯に対して18歳以下の子ども1人当たり10万円相当の給付」を、民の使い勝手、クーポン準備にかかる時間や事務経費などを考慮し、全額現金で給付を行うのが、民のニーズに適していると考え、現金での全額一括給付全額現金で給付する方針を決定した。

しかし9日政府が現金での給付について、具体的基準を補正予算案成立後に示す方針を新たに出したため一括給付を断念する決定をしたが、13日の衆院予算委員会での岸田内閣総理大臣や山際国務大臣の答弁を受け、15歳以下の子ども(公務員世帯を除く児童手当受給者)を持つ家庭に、12月27日(月)に現金で全額一括給付を行うことを決定した。
上島市長は、「今回、国が地方の声を汲み取ってくれたことに、非常に感謝している。“子育て・教育日本一”を掲げる本市として、年内一括給付を期待する子育て世帯の声に応えたい」と話した。

 

詳細はコチラから

【問い合わせ先】
子ども未来創造局 子育て支援室
担当:松澤(まつざわ)さん
TEL 072-724-6738(直通)

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。