地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

箕面市 住民税非課税世帯等への臨時特別給付金として1世帯あたり10万円を給付

2022.01.17

箕面市では、国が令和3年11月19日に閣議決定した「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯と家計急変世帯に対して、1世帯あたり10万円の臨時特別給付金を給付する。

給付の対象となる世帯は、令和3年12月10日時点において、箕面市在住で、令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(非課税世帯)及び新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、非課税世帯と同様の事情にあると認められる世帯(家計急変世帯)。

申請は、非課税世帯、家計急変世帯ともに市から送付される書類を用いて、郵送で申請。非課税世帯については、2月中に市から給付に関する確認書が送られてくるが、家計急変世帯については、本人から市へ申出を行った後、市から給付に関する申請書が送られる。各世帯から送られた書類を市で審査した後、指定口座に給付金の振込を行う。

【対象と給付スケジュール】

●対象
令和3年12月10日に住民基本台帳に記録されている世帯で、次のいずれかに該当する世帯

①非課税世帯
世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯(市条例により市民税均等割が免除されている世帯、生活保護受給世帯、所得要件を満たすDV 等避難者等を含む)

②家計急変世帯
新型コロナウイルス感染症の影響により令和3年1月以降の収入が減少し、非課税世帯と同様の事情にある(同一世帯に属する方のうち令和3年度分の市民税均等割が課税されている人全員の、それぞれの1年間の収入見込額が、市民税均等割が非課税になる水準に相当する額以下)と認められる世帯

●給付スケジュール
①非課税世帯
市広報紙、市ホームページによる周知を行い、2月中に市から順次、確認書を発送。記載事項を確認の上、市に返送し、市の審査後、指定口座に振り込み。

②家計急変世帯
市広報紙、市ホームページのほか、生活相談窓口、社会福祉協議会の貸付窓口、生活保護申請の相談窓口などを通じて周知を行い、本人から市への申出※により申請書を発送。申請書に必要事項を記入の上、令和3年1月以降の任意の1ヵ月の収入(給与、事業、不動産、年金)を証する書類、令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票の写しなどのいずれかを貼付して市に返送し、市の審査後、指定口座に振り込み。
※申出の受付は2月21日から開始。

●申請期限
①非課税世帯
原則、確認書を送付した日から3ヵ月まで。

②家計急変世帯
令和4年9月30日まで。

詳細はコチラから

【問い合わせ先】
総務部 総務課 臨時特別給付金グループ
担当:戸島(としま)さん
TEL 072-724-6809(直通)

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。