地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

-箕面市- 令和4年3月27日「みのお八天石蔵ウォークトライアル」を開催

2022.02.22

箕面市では、令和4年3月27日(日曜日)にロマン薫る自然豊かな箕面の山を舞台に鎌倉時代の石蔵を訪ね歩く「みのお八天石蔵ウォークトライアル」を開催する。

ウォークトライアルには、箕面の山々を熟知している箕面観光ボランティアガイドが同行し、8カ所ある石蔵のうち4カ所を巡って、石蔵や各スポットの歴史、自然について解説する。
心地良い風を肌に感じ、花咲く植物や木々の新芽を観賞して訪れる春を感じながら、八天石蔵など箕面にまつわる歴史にも触れることができるイベントである。

八天石蔵は、勝尾寺(箕面市大字粟生間谷2914-1)が、鎌倉時代の寛喜2(1230)年に寺領の境界を明示するために山中に造ったもので、周囲8カ所の石蔵に、仏像が1体ずつ埋められた。石蔵の上には、勝尾寺本堂に面するように3段の石壇が設けられており、寺領の境界を示す〓示標が石壇で築かれていることは珍しいこととされている。
石蔵から出土した、青銅で造られた四天王像及び四明王像の仏像と、その仏像が納められていた信楽焼の陶製壺は国重要文化財に指定されており、現在は勝尾寺に保管(非公開)されている。

【日時】3月27日(日曜日) 午前10時00分~午後4時30分(受付は9時30分から)
【場所】勝尾寺園地集合・解散
【対象】小学4年生以上(小学生は保護者同伴)
【定員】100人(申込多数の場合は抽選)
【参加費】1人500円
【申込期間】令和4年2月22日(火曜日)~3月15日(火曜日
【コース】
(1)<八天石蔵4カ所コース>全長:7.3キロメートル、所要時間:約3時間50分
(2)<八天石蔵2カ所コース>全長:約3キロメートル、所要時間:約1時間30分
※保護者同伴の小学生の参加は(2)のみ
【特典】参加者全員にキューズモール商品券1,000円分をプレゼント

詳細はコチラから

<お問い合わせ先>
箕面市 子ども未来創造局 保健スポーツ室
電話:072-724-6998(直通)

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。