地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

新型コロナに負けるな!箕面発・家で踊れる音楽「モミジーヌで踊ろう!」

2020.05.01

「新型コロナの影響で外に出られないみんなを音楽で元気にしたい!」

箕面市のPRを担う「箕面J-POP大使」で同市出身アーティストの北川たつやさんが、市のゆるキャラ「モミジーヌ」の曲を作り、自由に踊って欲しいと呼びかけている。

 

きっかけは毎週金曜に出演している箕面市のコミュニティーFM局「みのおエフエム」の番組に届いた、小学校の先生からのメッセージだ。「休校になって退屈している生徒が、北川さんの『たきのみちゆずるダンス』を家で踊ったりして、気を紛らわせている」というものだった。

自分の音楽が人の役に立てることをうれしく思った北川さんは、みんなでもっと楽しんでもらいたいと思い、モミジーヌの前向きなイメージを歌詞に込めた新曲を制作。市内ダンススタジオに見本の振り付けを依頼した。

「真似しても良いし、創作でも何でもOK! 歌や楽器が好きな人は他の楽器も合わせてみて下さい」とYouTubeやSNSに投稿したところ、箕面在住の子供たちや箕面出身のアーティストなどから北川さんの曲を使って踊ったり演奏したりする動画が届き始め、予想以上の反響だという。

 

北川さんはYouTubeでの無料公開を目的としたレコーディングと生配信ワンマンライブのため、クラウドファンディングを実施。4月30日の終了時点で目標金額の達成率が178パーセントとなったので、5月中の公開を予定している。「こんな状況でも絶対に音楽の灯を消してはダメだ」という思いで活動を続ける。

 

●北川たつやさんYouTubeチャンネル>モミジーヌで踊ろう

https://www.youtube.com/playlist?list=PLCBhj4VJX0zWQ6VNtzW8zXMk0LnzMnRPQ

 

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。