地域情報紙「CITY LIFE」が発信する地域密着のニュースサイト

歯周病と生活習慣病~歯周病はさまざまな病気と関連している~

2021.01.25

 よく耳にする「歯周病」。成人の多くが歯周病菌に感染しているといわれる今、その歯周病が身体の重大な病気と関連しているのをご存じでしょうか?歯周病について竹本先生にお話を伺いました。

生活習慣病と関係している歯周病

 歯のぐらつき、歯茎の腫れ・痛み・出血。このような症状は既に歯周病が始まっているため要注意です。でも、歯医者さんに行くほどでもないと判断されている方も多いのではないでしょうか。最近お口の中のばい菌(特に歯周病菌)が様々な生活習慣病(心筋梗塞や糖尿病)や早産、低体重児出産などと関係していることが明らかになってきています。その中の一つに、体内の糖を分解するインスリンの働きを 弱めてしまう作用が歯周病菌にあり、糖尿病が重症化しやすくなるといわれています。また、心筋梗塞の血管の詰まった箇所から歯周病菌が発見されるといった事からも関連性が強く疑われています。また、高齢者の方々の施設において口腔ケアを実施すると肺炎を起こすリスクが減るといった報告もあります。

歯周病を治療して生活の質の向上を

 このように歯周病と病気、症状との関連性からお口の健康だけでなく、全身の健康を考える上でも歯周病の治療や予防的な治療の必要性が高まっています。ほんのわずかな持病の症状の改善で生活の質は高まります。歯周病そのものの改善はもちろんのこと身体の事も考えて歯科治療を受けて頂きたいです。歯が健康で美しくなると、対人面でも積極的にコミュニケーションをとれるようになりQOL(生活の質)がもっと高まります。健康で安心な歯で過ごせるよう、気軽に診察・相談にお越しください。

竹本歯科クリニック

住所
高槻市高槻町14-17 ケイトービル
電話番号
072-685-9818
営業時間
月~木・土 9時半~13時、14時~18時半
定休日
金・日・祝日休

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。