地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

児童発達支援事業所で 関西初のバルシューレ認定校

2021.01.25

「バルシューレ」とは、ボールを使って様々なゲームを楽しみながら、運動の基礎動作や感覚的な運動能力を育んでいくドイツ生まれのボールゲームプログラムのこと。この「バルシューレ」を軸とした運動療育を行うのが、関西初のバルシューレ認定校(児童発達支援)SMASPOだ。自らイメージを広げることや友達の考えを読み取ることが少し難しいと感じている子どもたちに対し、年齢や発達に応じてカリキュラムを組み立て、遊びの中で学べる環境を作る。個別の面談や見学会については随時受付中なので、気になることがあればまずは問い合わせてみよう。

SMASPO 箕面校 スマスポ

住所
箕面市桜1-1-1ジョイタウン佐久良2F
電話番号
072-737-5934
営業時間
営・電話受付/11時~  ~17時
定休日
日祝休校

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。