地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

長く続く痛みならば「慢性痛」の可能性も

2021.03.25

急な怪我や病気で一時的に起こる痛みを「急性痛」と言います。これらは一定期間を経ることで概ね自然に改善するものですが、原因が解消された後、あるいは明らかな怪我や病気をしていないのに3か月以上続く痛みを「慢性痛」と呼びます。勿論、ヘルニアなどの明確な疾患が原因である事もありますが、ストレスなどの心理的要因が引き起こしている場合もあります。特に今はコロナ禍でふさぎこみがちな人が増えており、速やかに診断をして適切な医学的治療を行う事は当然ですが、その裏に隠れているストレスの原因を探ることが必要な場合もあります。当院は整形外科ですので、痛みが取れるようしっかりとした治療を行いますが、予防医学の観点から、特に痛みを上手にコントロールし、付き合っていくノウハウや考え方を重視しています。例えば、自宅でできる体操やストレッチを教えるなど、楽しく運動する習慣を身につけられるよう、丁寧に指導していきます。私はよく「腰みがき」や「膝みがき」などと呼んでいますが、日々の心と身体のメンテナンスやセルフケアの大切さを伝えています。特に運動は、身体の調子の維持、向上や痛みの軽減に加え、ストレスを解消するなど、心を安定させる効果も期待できます。当院では、医学的な視点で運動を行う事ができるため、より合理的で安全かつ根本的な対応が可能です。痛みの原因を早く知るためにも、是非一度ご相談ください。

医療法人 箕面の森 整形外科クリニック みのおのもり

住所
箕面市坊島5-4-23
電話番号
072-723-0052
HP
営業時間
9時~~12時半、16時~19時
定休日
木曜午後・土曜午後・日祝休診
駐車場
Pあり

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。