地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

異なる子宮頸がんと子宮体がんかかりやすい年齢と検査方法

2021.03.25

子宮がんは子宮の入口付近にできる「子宮頸がん」と子宮内にできる「子宮体がん」の2種類に分けられます。子宮頸がんは近年、20〜30歳代の若い女性に増えてきており、30歳代後半が罹患のピークとなっています。国内では1年で約2800人が子宮頸がんにより死亡しており、その若年化も問題視されています。各自治体で受けられる「子宮がん検診」とは子宮頸がんの検査を指します。子宮体がんは毎年約1.6万人の女性が罹患し、40歳ごろから増加して50〜60歳代でピークを迎えます。発がんには女性ホルモン(エストロゲン)が関係しており、発症の可能
性が高いと言われているのは閉経後の女性です。子宮体がんの初期段階で不正出血がみられ、進行すると血の混じった臭いの強いおりものや腹痛などが現れます。閉経後あるいは更年期での不正出血がある時には注意が必要です。子宮体がん検査では、子宮内膜細胞診を行います。子宮の内部に細い棒状の器具を直接挿入して細胞を採取する検査です。もし疑わしい箇所があった場合、さじ状の器具を使ってさらに組織を採取して診断します。被検者の子宮の中まで器具を挿入することが困難な場合は、超音波検査で診断することもあります。年齢によって発症のリスクは異なりますが、いずれのがんも早期発見・早期治療が重要ですので定期的な検診
をおすすめします。兵庫県立がんセンター婦人科の勤務医として、数多くの子宮がん患者様の診断と治療にあたってきた院長が担当しますので、安心して受診してください。

玉田レディースクリニック たまだ

住所
吹田市岸部新町5-25 健都メディカルビル2F
電話番号
06-4860-6622
HP
営業時間
9時半~~13時、16時~19時半 (木曜16時~19時半、土曜9時~14時半)
定休日
水曜、日曜、祝日休診

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。