地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

家族全員が納得できるよう 本音で向き合う

2019.10.25

司法書士 白藤 善啓さん

 司法書士とは、法律に関わる事務手続き全般を行うプロ。白藤さんは、相続・家族信託を強みとし、新事務所にもさっそく相談の声が寄せられている。白藤さんが大切にしているのは「どうしてこの手続きをするのか?」「家族がどのようになってほしいか?」など、依頼主の想いを知ること。「親と子が想いを共有することで、家族全員が納得できるカタチに近づきます」と話す。白藤さん自身が両親の離婚を経験したことも、家族の想いにこだわる理由。高校生の頃、環境の変化によるストレスから持病のアトピー性皮膚炎が悪化。学校も休みがちだったが、友人たちに救われ元気を取り戻すことに。「相続や家族信託の相談は、お金が関わるので家族の良い面ばかり見えるわけではありません。〝血のつながり〞に苦しんだ私だからこそ、理解できる気持ちがあります」と白藤さん。相続・家族信託について本音で向き合いたい人は、相談してみてほしい。

司法書士 さくら夙川事務所 さくらしゅくがわじむしょ

住所
西宮市御茶家所町4-15 中田ビル2階
電話番号
0798-61-1451
営業時間
営/平日9時~20時 ※土・日・祝は事前予約で対応可能。~

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。