地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

不妊治療と仕事の両立に悩む方は増加 大切なのは「少しの工夫」と 「前向きな姿勢」、「周りの理解」

2019.11.08

当院では通院されている方の65%が、仕事と両立しながら治療を頑張っておられます。不妊治療は受診のタイミングが厳密に決められたり、予想外の来院が必要になることもあり、皆さんいろいろと努力や工夫をされながら妊娠という目標に向かい日々奮闘されています。昼休みを利用した時間帯での来院や、朝一番に採血だけして出勤し再度夕方受診される方などもおられます。仕事をしながらの治療はストレスに感じることもあるかと思いますが、仕事でキャリアを積み、少しずつ責任ある仕事を任されることが増えたり、仕事で楽しいと感じている女性を見ると、同じ働く女性としてとても嬉しく思います。頑張って働く女性を私たちは精一杯応援します。職場に治療を打ち明けづらい方は厚生労働省から出されている「不妊治療連絡カード」を利用してみるのも良いかと思います。企業側の寛容な対応が広がり、社会的理解が進むことを願います。また、皆さん自身もいつか赤ちゃんを迎えるその日のために、職場の仲間も応援してくれるように仕事も一生懸命がんばってください。

園田桃代ARTクリニック そのだももよ

住所
豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル3F
電話番号
06-6155-1511
HP
営業時間
10時~15時~火・木・土曜日は午前のみ~13時18時
定休日
日祝休診

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。