地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

歯は全身の健康に繋がる大切な臓器 失ったあとは放置せず早めの治療

2019.06.24

【歯を失うとどうなる?体の不調は歯が原因かも】
 人間の歯の数は親知らずを除くと、28本あります。28本もあれば、一本くらい失っても大丈夫だと思っていませんか?日常生活を問題なく過ごせていると感じていても、歯を失った影響は全身に広がっているかもしれません。歯を失うと、残っている歯が倒れてきて咬み合わせが歪みます。咬み合わせが歪めば首が傾き、首が傾くことで背骨、腰、足腰も…。結果として、肩こりや腰痛、手足のしびれなど、様々な体調不良を引き起こすこととなります。また、奥歯を失うと咀嚼能力の60〜70 %を失い、ほぼ丸呑みのような状態になります。胃への負担から内臓疾患に繋がる可能性も否定できません。

【歯を見るだけではない 歯医者選びのポイント】
 歯を失ったあとは、一日でも早い治療をお勧めします。取り外せる装置を部分、または全体に装着する入れ歯治療、隣の歯を土台にして連結し、橋渡しした歯を装着するブリッジ治療、チタン製の人工歯根を埋め込み、人工の歯を固定するインプラント治療など、様々な治療方法があります。それぞれメリット、デメリットがありますが、何がベストかを考えるよりも、各治療方法を深く理解することが重要です。そのためには、担当医との密なコミュニケーションが必要不可欠です。患者様の身体の状態や悩みを理解し、一緒に治療方法を選んでくれる歯医者に出会うことが治療の第一歩と言えます。

木下歯科医院

住所
神戸市東灘区御影山手1‐4-18
電話番号
0120-4618-52
HP
営業時間
診/平日 9時~19時、土曜9時~17時 完全予約制 全個室 ~
定休日
休/日・祝・木曜日不定休

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。