地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

義歯、インプラント、マウスピース矯正装置の作成で進むデジタル化

2020.01.03

虫歯治療での詰め物や被せ物、義歯、インプラントのアバットメント(上部分)、マウスピース、矯正装置を作成ではデジタル
化が進んでおります。例えば「セレックシステム」。セレックの利点は、耐久性が高く長持ちで、周りの歯の色に近づけること
ができますので、ほぼ違和感がないほど審美的に優れています。さらに、当院では、より精度を上げるために、最新の「セレック
プライムスキャン」を導入しました。従来のセレックシステムより、リアルかつ鮮明な3Dデータが作成でき、型取りをする必要もありません。従来では得られない精度ですので、、歯牙との隙間を少なくでき、二次う蝕のリスクも回避できます。院内の医師や技工士が制作しますので、完全オーダーメイドでの作成が可能です。治療後の予後も安心の治療法と言えるでしょう。

カタオカ歯科医院 カタオカ

住所
豊中市上新田1-28 千里中央パークヒルズK棟203号
電話番号
06-6834-7778
HP
営業時間
9時半~ 15時半~土曜日午後13時半~~12時半  20時半 土曜日午後16時半
定休日
火曜日午後、日祝休診
駐車場
P有

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。