地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

好奇心や探究心、想像力を伸ばし 幼児期に知識を入れる器(脳)作りを

2020.01.23

 幼児~小学生低学年はマンツーマン。小学生中学年以上は少人数制。子どもの能力にあわせて進めるよう、無学年式を採用。子どもの発達は個人差が大きいため、同校は入会時に年齢ごとの成長・発達・脳の分業能力を調べる幼児オペラント知能発達検査Ⓡを行い、今の状態を徹底分析。幼児期は一人ひとりに合わせたマンツーマンレッスン。必ず、目標を達成するという強い意志、あきらめない気持ちを幼少期から育み学習を進めていく。積み重ねが大切な幼児教育は『“脳を鍛える”訓練』と知識を入れる『器(脳)づくり』がかなめ!子どもたちの興味や関心事、能力、性格など特性を把握し、目標設定から達成まできめ細やかな指導を行う。脳が成長しきる前の10歳までに知識を入れるための必要な器(脳)づくりをはじめよう!

幼児オペラント知能発達検査方式® チャイルド脳伸学園 夙川校

住所
西宮市羽衣町7-29 夙川KSビル1-302
電話番号
0798-36-7881
営業時間
受/10時~19時 (金・日・祝日除)~

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。