地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

やればやるほど悪くなる歯科治療

2020.06.24

 歯科治療においては治療すれば元に戻るのではなく、必ず悪化していくと赤木先生は警鐘を鳴らしておられます。ではどのようなことに気をつければ良いのか、お話をお伺いしました。

歯科治療の実情

 先日、老人ホームに往診に伺った時に看護師さんから言われた言葉があります。「インプラント治療って高額なのに一生もたないのですか」と。その言葉を聞いた時、医療関係の知識を持った方でも治療行為において一生保証できる医療がある、と考えていることに驚かされました。皆さんにお伝えしておきたいのですが、どのような治療においても一生保証するような歯科治療は存在しません。歯を残すことについて全ての人が一生完全な形で歯を残せるような治療はありません。残念ながら治療すればするほど、歯はダメージを受け、最終的には失うことにもつながりかねません。歯科治療をしないほうが良いことは、厚生労働省のデータからでもわかります。治療するより、治療しない予防をしたほうが歯が良い状態で保たれるということは実証されています。

歯を失わない為に

 歯を失う原因として一番多いのが「歯周病」です。歯周病は、口腔内における「歯周病菌による疾患」と以前は定義づけられていましたが、 2017年に世界の歯周病学会で出された見解では、「感染症による疾患」と位置づけられました。歯周病菌を減らすことは簡単です。歯磨きを上手にすれば歯周病菌は減ります。細菌によって汚れたお口の中を適切にキレイにすれば良いのです。ただ、歯周病菌は減りますが、残念なことにそれだけで全ての歯周病を治すことはできません。考えなければいけないことは、歯周病菌に対しての感受性の問題です。歯周病菌が引き起こす炎症に対して、どれだけ抵抗力があるか。要するに歯周病に対しても免疫抵抗力をつけておくことが大切なのです。

プロに頼る事も大切

 歯周病から体を守るためには、強い体づくりを意識することが大切です。基本的なことは日々のメンテナンスにおいて、規則正しい生活習慣や食生活を行うこと。もちろん、歯科医院におけるプロフェッショナルケアも必要です。まずは日々のメンテナンスと歯科医院でのメンテナンス、正しい生活で免疫をつけましょう。しっかりと栄養を摂ることが免疫力をつける術です。元気に生きるためには食が大切。体力・体づくりには歯が大切。だから歯を大切にしましょう。もし、すでに歯を失ってしまっているとしても、さまざまな治療方法があります。ただ、将来のことを見据えて長い目で見た治療の選択が必要です。まずはお気軽にご相談ください。

医療法人貴志会 赤木歯科

住所
高槻市高槻町7-25
電話番号
072-682-0190
HP

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。