地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

インプラント治療 ~治療後の生活とは~

2020.09.24

 長きにわたりインプラント治療を行ってきた赤木院長。患者さんにとってベストな治療をするため早くから海外の治療方法にも見聞を深めておられます。今回は赤木院長と患者さんにインプラント治療についてお話をお伺いしました。

 なんらかの理由で歯を失ってしまった時、インプラント治療は天然歯に近い見た目や機能を持たせられる、とても有効な治療法です。私がインプラント治療を行うようになって40年近くになります。インプラント治療は術後の良い状態を保つため、他の歯と同様にメンテナンスを行い、長く付き合っていくものです。言わば体の一部としてこれからを過ごす大切なもの。どのメーカーのインプラントにするか、どこで治療を受けるかはとても大事です。インプラント治療をしたことで人生が大きく変わった方も多くおられます。「歯がきちんとあって、食事がしっかりとできる」ことは本当に大切で、食事を楽しめたり、唾液が分泌されることで消化を助けたり、脳の発達を促すといった効果が期待できます。今回は、実際に当院でインプラントをされた患者さんのエピソードをご紹介します。

【CACE01 70代 男性 HTさん】
 赤木先生との出会いは約25年前。同僚からの紹介でした。最初は虫歯の治療などでお世話になっておりましたが、通院してから約2年後にインプラント治療を受けることになりました。インプラントにしてから驚いたことに、胃腸の調子や体調自体がとても良くなったんです。良く噛めるようになったからだと思います。昨年には、胃や胆のう、ひ臓をがんで摘出することになりました。周りでも臓器を摘出している人が多いんですが、みんな歯がなくて柔らかいものしか噛めず、痩せている人が多いんですよね。私は赤身の肉を食べるなど、ありがたいことに食事を楽しめています。今から考えるとあの時にインプラントをしていなかったら、と考えるとゾッとします。インプラントのおかげで今も仕事を続けることもできていると思います。大げさでなく人生変わりましたね。

医療法人貴志会 赤木歯科

住所
高槻市高槻町7-25
電話番号
072-682-0190
HP

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。