地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

歯周病菌とコロナ感染症との関わり ~口腔ケアで細菌の増殖予防が免疫活性に繋がる~

2020.09.20

細菌やウイルスの感染症を防ぐには
3密の回避と免疫活性しかありません。 高齢者が感染症により重症化するのは自然免疫の 一 つであるNK細胞活性が加齢と 供に病原体へ の反応が弱くなるからです。 新型コロナウイルス感染では、免疫細胞がウイルスと戦うためにサイトカインが暴走し制御不能となり(サイトカインストーム)自分の細胞まで傷つけてしまうからです。 又、 高齢者の死亡原因の「誤嚥性肺炎」 は歯周病菌の毒素プロテアーゼが気管へ侵入し感染防御機能低下によって発症します。 口腔ケアで細菌増殖を予防し、 正し い食生活、 十分な睡眠によ っ てストレ ス体質をなくすことが自然免疫を高めることに繋がります。 詳しくはかかりつけの歯科医院にご相談くださ い。

 

 

(医)朝倉クリニック歯科(分院)
茨木市駅前4-3-26
朝倉メディカルビル 養精中隣り
TEL.072-626-2006

朝倉歯科医院/本院 かかりつけ歯科医機能 強化型診療所 大阪大学歯学部臨床研修施設 あさくらしかいいん

住所
茨木市南春日丘1-1-19 朝倉デンタルビル 春日丘交番隣り
電話番号
072-625-2001
HP
アクセス
春日丘本院は 万博公園東口エキスポロード沿い。 JR茨木駅からバスで5分

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。