地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

冬も夏も心地よい手織り絨毯アートギャッベ

2020.10.25

「ギャッベ」という絨毯をご存じでしょうか。南ペルシャの遊牧民の暮らしの中から生まれた絨毯で、イラン製やインド製など手織りや機械織り、羊毛の質の違いなど、さまざまな品質のものがギャッベと呼ばれています。今回ご紹介するのは、中でもおすすめの「アートギャッベ」。イランの山岳地帯で暮らすカシュガイ族の女性が一枚一枚自由な感性で織っている絨毯で、上質な羊毛と高い技術を持つ織り子が作った高品質のものだけが、アートギャッベと称されています。原料がウールだからといってすべてが上質で一年中快適ではなく、ギャッベによっては触り心地がチクチクするものも。アートギャッベは、寒暖差の激しいイランの高地に住む羊の冬毛のみを使用することで、油分をたっぷりと含み、驚くほどふわふわでなめらかな肌触りに。湿気を吸って発散するので夏はさらっと気持ち良く、冬はあたたかな空気をため込み、一年中快適に使うことができます。肌触りと共に感じてもらいたいのが、 座り心地や踏み心地の良さ。手織りの絨毯はその織りの構造上、丁寧に根気強く作られたものにこそ生まれる独特の弾力があります。これがなんとも気持ち良い感触を生み出します。汚れにも強く、その織りの細かさゆえ、毛足の奥までごみや食べかすが入り込まず、ダニの心配も少ないといいます。なにより天然ウール100%で天然の草木染めなので、安心して使えます。アートギャッベは全国の取扱いショップの店頭でのみ販売。大阪では1 1 月にSIMPLE HOUSEがアートギャッベ展を開催します。同じデザインがなく1点ものなので、今回しか出会えないものも。ぜひお気に入りを見つけに訪れてみてください。

SIMPLE HOUSE 天神橋本店 しんぷるはうす

住所
大阪市北区天神橋4丁目8番27号
電話番号
0120-184-012
HP
営業時間
11時~~19時

newstest


HP

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。