地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

トライする気持ちを育む 個別カリキュラムのプログラミング教室/キノコード

2020年度から小学校で必修となったものの、依然として「何だかよく分からない」という人も多い「プログラミング言語」。プログラミング教育の必要性が指摘される中、「キノコード」は2014年に先駆けて開業。主に小学生から高校生まで100人前後の生徒が通う。

生徒の「やりたいこと」に合わせた個別カリキュラムで、プログラミング経験者の講師から、ゲームやロボット、ウェブサイトの作成などが学べる。無料体験授業も実施している。