地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

オンラインテレビショッピングでお店の魅力PR

2021.01.11

商店街みのおサンプラザ名店会など箕面市内の8商店街が加盟する箕面市商店会連合会では、「新しい生活様式」を踏まえた感染対策と啓発に取り組んでいる。今回、国のGoTo商店街事業に採択され、2月7日に動画配信サイトで「オンラインテレビショッピング」を配信する予定だ

オンラインテレビショッピングは以前、箕面商工会議所青年部がWEBミーティングアプリ「Zoom」を活用して試験的に実施。各店舗の一押し商品がリーズナブルな価格で購入できるとあって大変好評だったことに加え、新型コロナウイルス感染症対策としても有効であることから、内容をブラッシュアップして行われることとなった。

商工会議所通信内の告知ページ(左上に写っているのが箕面商工会議所の秋田英幸さん)

今回は箕面市内の全商店街から参加者を募り、事前に準備したこだわり商品のPR映像や司会者との掛け合い動画を生配信し、視聴者からの商品購入を受け付けるそう。「商品の受け渡しは原則店舗受け取りに。密を避けつつ実際に足を運んでもらうことになるので、その際、存分に商店街の魅力をアピールしたい」と箕面商工会議所の秋田英幸さん。

商店街では、「みんなで守ろう。おおさか」がスローガンのタペストリーやのぼり、府の感染防止啓発ポスターを活用して作成した独自の啓発ポスターを各所に掲出し感染予防の啓発を徹底。また、マスク着用を呼び掛けるとともに消毒液を設置し、安心して買い物ができる環境を整えるとのこと。

箕面市のゆるキャラが描かれたオリジナル啓発ポスター

秋田さんは「お客さんとの関係性がしっかりできているお店は、比較的早い段階で客足が戻る」と分析。「箕面は全体的に買い物環境が整っており、商店街にお客さんが来るには『このお店で買いたい』『この店主さんに会いたい』『この商品がほしい』といった動機が必要。商品にプラスアルファの付加価値を付けるような取り組みにしたい。単発の需要喚起ではなく、地域住民にPRし常連になってもらいたい」と意気込んでいる。

QRから動画が見れる

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。