地域情報紙「CITY LIFE」が発信する地域密着のニュースサイト

【吹田・豊中・箕面】味わい深い あずきと抹茶

2021.01.23

茶道において釜を掛けて湯を沸かす道具「風炉」から
2月6日は抹茶の日。抹茶はカテキンやテアニンなど
抗ウイルス・抗菌作用があるとされており、
改めて注目されています。

そして抹茶との相性も良く、
冬が旬の「小豆」もアンチエイジングや
冷え性改善、貧血予防などの健康パワーが充実。
日本が誇る抹茶&あずきのスイーツで、
健やかな冬を過ごしましょう!

≪読者モデル兼YouTuberさんと
お持ち帰り商品実際に食べてみた≫
▼ ▼ ▼

【あわせて読みたい】日本茶インストラクターに教わる“抹茶”のアレコレ

---------------------

ポーランド食器に惹かれる
ふわっふわの抹茶ティラミス

根っからの料理好きな店主が届ける日替わりランチは、365日異なるメニューがキュートなポーランド食器で登場。店主が惚れ込んだポーランドのカップで提供される「抹茶ティラミス」(500円)は、まるで緑の大地に芽が咲いたよう。ビターな味わいのふわふわなコーヒー生地と、ほんのり甘い抹茶が相性抜群。

特製のコーヒーゼリーとコラボした「抹茶パフェ」(700円)は、アイスにソースと抹茶づくし。

grow cafe〈グロウカフェ〉

箕面市石丸1-6-2
営/8時~17時
火曜・第3水曜定休
TEL:072-703-4859
https://growcafe2018.jp
Instagram:@growcafe2018

---------------------

SNS映え必至!
愛しのあんこスイーツ

粒あん、きなこ、みたらし、ずんだ、ラムネ、レモネード。あんこでもち米をサンドした、おはぎとはひと味違う食感が楽しい。※きなこ、みたらしはもち米であんこをサンド。

大阪の地で日本が誇る和の文化を、こだわり光るお菓子を通して発信し続ける老舗菓子店。フルーツ大福やどら焼きなど、定番の和菓子が並ぶ中でも、一際目を引く「あんこdeさんど」(160円税別)は、全6種類の味が揃う。まるで和菓子界のマカロンのごとく可愛らしい見た目は、思わず撮りたくなると人気。品質にもこだわり、北海道産小豆を手間ひま掛けて作るあんこは小豆の風味がしっかりと感じられる。

和-水都饌菓
〈ワ-スイトセンカ〉

吹田市穂波町13-42
営/9時半~18時 無休(元旦のみ休み)
TEL:06-6384-3981
https://www.wa-suitosenka.jp
Instagram:@wa.suitosenka

---------------------

素材を大切に作り上げる
麗しい抹茶モンブラン

箕面で30年にわたり愛され続ける洋菓子店。素材の味を生かしたケーキや焼菓子などは、いずれも上質でありながらリーズナブルに味わえる。見た目にも美しい「抹茶のモンブラン」(325円税別)は、生クリームに北海道産大納言をサンドし、やさしい甘さの抹茶あんでコーティング。一度食べたらリピート必至の味わい。

抹茶、ラム酒、キルシュの3色が揃う「ガナシュ・チョコ(生チョコ)20本入」(1,000円税別)。要望があれば、好みの味を多めに用意してくれる。

Conversation
〈コンヴェルサシオン〉

箕面市新稲7-9-17
営/10時~19時半
水曜定休
TEL:072-723-1852

---------------------

優しさあふれるあんこを
パリッとした皮で包み込む

「あんこ好きの娘のために作り始めたんです」と店主が語るよう、安心安全な素材にこだわりが光る。2月中旬からは、桜もなかも登場予定。

こだわりのあんこで仕上げるおはぎが人気を呼ぶ、あんこ好きにはたまらないお店。北海道産無農薬小豆と、お腹にもやさしいてんさい糖で作るあんこはまさに絶品。手土産や日頃のおやつにもピッタリな「きりかぶもなか」(180円)は、その名の通り切り株をイメージしたパリパリ食感の皮が、スッキリとした甘さのあんこと相まって、いくらでも食べてしまいそう。

あんことおはぎのお店
くりこ

吹田市千里山東3-11-6 1F
営/11時~売り切れ次第終了
(木・金・土のみ営業)
日~水曜定休
TEL:050-3698-0706
Instagram:@ankokurico

---------------------

温かい抹茶とアイスが融合
さらっと楽しむお茶の世界

お茶の魅力を誰でも気軽に楽しめる日本茶カフェ。30種類におよぶメニューの中でも人気の「抹茶のアフォガードセット」(990円~)は、京都和束町の農家から仕入れる上質な抹茶とバニラアイが程良く溶け合う。セットのお茶(一煎目)は、目の前で日本茶インストラクターの店主が、美味しく淹れるコツとともに提供してくれるので、奥深いお茶の世界を身近に感じられる。

甘さ控えめの「抹茶ラテ」(690円)はアイスとホットから選べる。テイクアウトにもおすすめ。

日本茶カフェ&ショップ
茶ら咲 ~sa-la-sa~
〈サラサ〉

豊中市服部元町1-7-13
営/11時半~19時(LO.18時半)
月曜・第2・4火曜定休
TEL:06-7502-5759
https://ochasalasa.jimdofree.com
Instagram:@ocha_salasa

---------------------

一つひとつ真心込めた
愛情あふれるおはぎ


家庭のおやつとして親しみあるおはぎは、定番・季節商品合わせて常時8種類が店頭に。1番人気の「大納言雑穀もち」(130円)は、ふっくらとした粒あんと雑穀もちのプチプチ食感が楽しい王道の一品。2月末頃まで販売予定の「蜜黒豆雑穀もち」(226円)は、白あんと抹茶きなこを合わせて香りを引き立てており、大粒な黒豆の食感と独特の美味しさが楽しめる。4月末頃まで販売予定の「花ざくらよもぎもち」(230円)は、塩漬けの桜の花びらや桜の葉で香りづけし、味はもちろん見た目にも楽しい仕上がりに心が躍る。

「深煎きなこ雑穀もち」(130円)は、少しほろ苦くも香り高い深炒りのきなこをふんだんに使用

森のおはぎ

豊中市中桜塚2-25-10
営/10時~13時/
14時~売り切れ次第終了
日月定休
TEL:06-6845-1250
https://morinoohagi.jimdofree.com
Instagram:@morinoohagi

---------------------

日本茶インストラクターが手掛ける
冬季限定のエスプーマかき氷

本格的な日本茶を自分で淹れて味わえるカフェ。多種類の日本茶はもちろん、軽食や和デザートなどが豊富に揃う。期間限定で登場のかき氷「宇治ミルク金時エスプーマ(ミニ)」(580円)は、マスカルポーネの濃厚な味わいが風味豊かな抹茶と絶妙にマッチ。シリアルや小豆なども盛り込まれた、満足度の高い一品。

ほどよい抹茶の甘みと香りを感じる「抹茶ロールケーキ」(単品420円/セット370円)は、好みの日本茶とセットで味わえる。

萠茶 KIZASHI 〈キザシ〉

吹田市江坂町1-23-101 大同生命ビル
営/8時~19時
(土のみ~18時まで)
日祝定休
TEL:06-6310-1424
Instagram:@moecha_kizashi


あわせて読みたい
 ▼ ▼ ▼
高槻・茨木・摂津のあずきと抹茶のお店はコチラ!

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。