地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

おトクな特典付き「酒蔵を巡る大人のスタンプラリーBOOK」2/28(日)まで販売

2021.02.15

株式会社JTBが、阪神間日本遺産推進協議会と連携し、伊丹~灘の酒蔵を巡る大人のスタンプラリーBOOK「パ酒ポート 伊丹・灘五郷日本遺産認定記念特別版2021」を2月28日(日)までの期間限定で販売中だ。

有効期間は6月30日(水)まで。安心して出かけられるようになったら酒蔵巡りに持って行きたい1冊となっている。

パ酒ポート 伊丹・灘五郷日本遺産認定記念特別版2021

「パ酒ポート」とは、「地酒」×「地域の食」×「ツーリズム」をコラボレートした大人のためのスタンプラリーBOOK。

地酒を軸に、人々の交流を生み出し、地域の活性化を図ることを目的としているのだとか。

これまで灘五郷酒造組合、神戸市、西宮市と連携して「灘の酒」の産地である「灘五郷」を巡る内容で発行していたものを、2020年6月に灘と伊丹の酒造文化が「日本遺産」に認定されたことを記念して、掲載エリアを伊丹・尼崎・芦屋エリアも含めて拡充したとのこと。

「パ酒ポート 伊丹・灘五郷 日本遺産認定記念特別版2021」は、清酒生産量日本一を誇る灘五郷の全26蔵と、「清酒」発祥の地ともいわれる伊丹の4蔵、芦屋市・尼崎市の日本遺産構成文化財を紹介している。

今回は日本遺産認定記念特別版として、神戸市・西宮市・芦屋市・尼崎市・伊丹市の5市にある日本遺産構成文化財を紹介しており、酒蔵とともに醸造文化についてのガイドブックとしても楽しめるそう。

また、参画酒蔵でスタンプラリーBOOKを提示すると、商品の割引やオリジナルグッズのプレゼントといった特典を受けることができ、スタンプの数に応じて抽選でプレゼントも当たるそう!

さらに「伊丹・灘のはしご酒PASS」として、掲載蔵の地酒が飲める飲食店で「地酒1杯+突き出し」に引き換えられるチケット5枚が付き、よりお得に楽しめる内容となっている。

JTBは、「『パ酒ポート伊丹・灘五郷 日本遺産認定記念特別版2021』を通じて、伊丹~灘の地酒や食の魅力を発信し、酒蔵の訪問や体験を促すことで、地域への誘客と地域活性化とに貢献してまいります」としている。

●本事業は、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」の実証事業の一環で実施します。
●入店時の検温、アルコース消毒の設置など、酒類業における新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドラインに則って実施します。

 

《「パ酒ポート 伊丹・灘五郷 日本遺産認定記念特別版2021」概要》
▼発売期間
2021年1月15日(金)~2月28日(日)

▼有効期間
2021年1月15日(金)~6月30日(水)

▼販売価格
1,100円(税込)

▼販売冊数
2,000部 ※210mm×125mmサイズ、約100ページ

▼販売場所
パ酒ポート掲載酒蔵(下記*の蔵を除く)、阪神電車駅長室(大阪梅田・尼崎・甲子園・御影・神戸三宮・新開地)、阪神西宮おでかけ案内所、阪神神戸三宮駅サービスセンター、阪急電鉄(大阪梅田駅、十三駅、塚口駅、西宮北口駅、夙川駅、神戸三宮駅の各駅ごあんないカウンター)、チケットぴあ、Amazon、あまがさき観光案内所、芦屋市立美術博物館、伊丹市立観光物産ギャラリー

▼掲載内容
灘と伊丹の日本遺産ストーリー紹介、日本遺産構成文化財ガイド、酒蔵(灘26蔵、伊丹4蔵)紹介(一部で特典付き)、スタンプラリー、灘と伊丹のはしご酒PASS

▼掲載施設
酒蔵26蔵、日本遺産構成文化財15施設、飲食店50カ所(予定)
※施設によっては、新型コロナウイルスの影響により営業時間の短縮や休業を行っている場合がございます。各施設のHP等でご確認ください。

▼掲載酒蔵・アンテナショップ(*はスタンプの設置並び特典の設定はありません):
[伊丹]岡村酒造場、伊丹老松酒造、小西酒造、*川辺酒造
[灘五郷 今津郷]大関
[灘五郷 西宮郷]國産酒造、日本盛、万代大澤醸造、大澤本家酒造、辰馬本家酒造、*白鷹、松竹梅酒造、北山酒造
[灘五郷 魚崎郷]太田酒造、*宝酒造、小山本家酒造灘浜福鶴蔵、櫻正宗
[灘五郷 御影郷]菊正宗酒造、白鶴酒造、*剣菱酒造、泉酒造、神戸酒心館、安福又四郎商店、高嶋酒類食品
[灘五郷 西郷]沢の鶴
[アンテナショップ]灘の酒蔵通通り

▼発行元
株式会社JTB、阪神間日本遺産推進協議会

▼「パ酒ポート」のWEBサイトはこちら
https://www.pashuport-japan-heritage.com

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。