地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

老舗たこ焼き屋「和楽路屋(わらじや)」が9月下旬にせんちゅうパルに移転

2019.08.31

「和楽路屋」は、千里セルシーB1Fに店を構えて40年の老舗たこ焼き屋。千里セルシーの閉館に伴い、2019年8月31日に営業を終了する。

たこ焼きは、1皿10個入り500円。持ち帰りは12個550円。焼き上げる直前に白ワインをふりかけて香ばしさを加味。
天かすを効かせたカリッとした食感。中身はふっくら。ソースやマヨネーズ、青海苔、鰹節をかけて自分好みに味付けをしていただく。長年にわたり様々な世代が美味を求め続けてきた。

椅子の間隔を詰めて肩を寄せ合い、カウンター席でたこ焼きを頬張る店内はアットホームな雰囲気だ。

「千里の住民のみなさんに長年愛していただきました。千里で場所を探してまた帰ってきたいです」と言葉にしたスタッフの思いが叶い、「和楽路屋」セルシー店は、9月下旬に同じ千里中央で移転することが決まった。新たな店舗は、せんちゅうパルB1階 南口改札すぐの場所だ。

しばしの休息後、40年間魅力を輝かせた香ばしさが戻ってきて新たな歴史が始まる。

和楽路屋 わらじや

住所
【現店舗】豊中市新千里東町1-5-2 千里セルシーB1F
電話番号
06-6832-7510
営業時間
月~土 11:30~21:15 日・祝 11:00~20:45~
定休日
なし
アクセス
大阪モノレール千里中央駅 徒歩3分

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。