地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

音楽のCOCOLO vol.23 人生のなかで大切なアルバム(2021年5月号)

2021.04.27

今日魂を元気にする お洒落をしよう!

WE ARE
ジョン・バティステ

長引く自粛生活で失いつつあるもの…それは、「お洒落をする心」でしょうか。マスクで顔を覆っていることをいい事に口紅から遠ざかり、この1年に買った服は、ちょっとそこまで行ける家着くらい。今日もただ楽な服を選んでいます。そんな中、テレビ画面に映ったのは、喜楽を全身から滲ませ上機嫌な様子でピアノを奏でるミュージシャン、ジョン・バティステ!ヒット中の楽曲「I need you」のハッピーヴァイブに劣らず、見る人を楽しくさせる彼は「だって生きてるんだもの!これ以上のギフトはないよ!」とまたピアノを奏でる。そして、グッチのスーツを着馴染ませた彼の一言で目が覚めましたー「お洒落は魂を表すもの」。お洒落が離れたのは自粛で魂が弱ったからかもしれない。コロナ明けの未来にとっておかず、今日魂を元気にするお洒落をしようと!「現在」は英語で「プレゼント」。どんな状況でも、今を贈り物として大切に生きようと思わせてくれるアルバム「WE ARE」日常に活力を与えてくれる一枚です。

 

ジョン・バティステ / 1986年生まれ。8歳の時よりパーカッションをはじめ、11歳でピアノに転向。10代の頃からインターネット上で音楽をリリースしはじめ、弱冠17歳でインディーズから“Times in New Orlean”を発表する。その後、ジュリアード音楽院でピアノの学士号と修士号を取得し、デビュー作『ハリウッド・アフリカンズ』がいきなり2019年のグラミー賞でノミネートされ、トップ・アーティストとしての地位を確立。米フォーブス誌の名物企画「世界を変える30歳未満の30人」に選出された経験も持ち、彼のファンは米音楽界にも多い。

 

★  ★  ★

 

八木 早希 SAKI YAGI

1978年アメリカ・ロサンゼルスで生まれ、大阪阿倍野で育つ。父の仕事の都合で小学校4年生から3年間韓国ソウル在住。高校2年生の1年間アメリカ・シアトルへ留学。同志社大学文学部英文学科卒業後、毎日放送入社。2011年退社、フリーへ転身。日本テレビ「NEWS ZERO」キャスターを3年間務める。毎日放送アナウンサー、NEWS ZEROキャスターを経て、ニュースを伝える他、大勢の政治家、著名人、ハリウッド俳優らへインタビュー、国内外の取材多数。コミュニケーション等に関する講演活動も行う。二児の母。
担当番組は『Billboard PREMIUM Plus』(金曜 PM 10:00〜11:00)/『Breeze on Sunday』(日曜AM 9 :00〜10:00)

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。