地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

吹田市や豊中市 コロナの影響で困窮している女性に支援

2021.05.22

吹田市は新型コロナウイルス感染症の影響で、経済艇に困窮している女性に向けて生理用品を無料配布することを発表した。

市内11か所にある児童館と男女共同参画センター(出口町2)で、5月24日から配布を開始し、なくなり次第終了。今回、配布するのは災害用に備蓄しているもので、26個入り生理用ナプキン1パックと災害備蓄用軽食、相談百科の冊子。児童館で各25セット、男女共同参画センターで66セットを準備しているという。

希望者は各配布場所に行き、事務室で「女性用グッズ」が欲しい旨を伝えるか、市が作成した「女性用グッズ配布用提示マーク」または市公式サイトの該当ページを提示する。

同様に生活に困窮している生徒に対して、5月24日から市内の小学校、中学校でも配布を予定している。

豊中市では「とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ」において、「生理用品の購入が困難な女性の窓口」を開設。電話で受け付けている。

 

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。