地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

俳句コーナーVOL.21 2021年6月入選作品を紹介!

2021.06.05

4月25日締切りでご投句いただいた中から、
山口昭男先生に入選作品を選んでいただきました。

● ● ●

【 優秀賞 】

なわとびの一二三四桜散る

箕面市 清水寿惠子
俳句は定型という形の中で省略と切れを駆使して、季語を詠う詩だと私は考えています。この句には、それが見事に息づいています。縄跳びを数えながら跳んでいる子に桜の花びらが散っている。その景が心に迫ってきます。

 

【 入 選 】

ずんぐりと鍬傷のある筍よ

吹田市 川内 幸子
眼目は、「ずんぐり」。太々とした竹の子とその傷がよく見えます。

薫風や話してみれば佳き男

茨木市 河本  要
そうなんです。外見だけでは決められない。初夏の風が吹き抜けています。

チューリップ塀の穴から犬の鼻

箕面市 高橋 真美
塀の穴に見えるのは人の目ではなく犬の鼻。ユーモアがあり季語もよいです。

太股の筋肉質や青蛙

茨木市 山崎登代子
青蛙の太ももを筋肉質だという捉えが面白いです。跳ぶ力も十分でしょう。

しやぼん玉扇ぐ子追ふ子飛びつく子

吹田市 秋山  寛
しゃぼん玉を吹けば、子供たちは様々に動きます。そこをうまく描きました。

【 佳 作 】

三月の森にひとりの深さかな

豊中市 小倉 佳子

一杓で御身の濡るる甘茶佛

吹田市 小澤 桔梗

おおかたは空堀へ散る桜かな

箕面市 清水寿惠子

書き終えぬままの手紙や若葉冷

豊中市 安藤 知明

新聞に落ちる目刺しの焦げたとこ

箕面市 高橋 真美

 ◆ つぶやき評 ◆ 
説明的な句にならないためのひとつの方法として、省略があります。省略したところは読み手が自由に想像してくれます。すべて言葉で言ってしまうと、説明的になります。読み手に察してもらうことが俳句としては、大事です。

 

● ● ●

 

〈 選 者 〉 山口 昭男(やまぐち あきお)

1955年 神戸市生まれ。1980年「青」に入会。波多野爽波に師事。
2000年「ゆう」入会。田中裕明に師事。編集担当。
2010年俳誌「秋草」を創刊し主宰する。毎月発行。句集に『書信』『讀本』『木簡』がある。
2018年句集『木簡』で読売文学賞受賞。日本文藝家協会会員。

 

● ● ●

 

【 俳句の応募方法 】
氏名・住所・年齢・明記のうえ、ハガキ、封書、FAX、下記の応募フォームのいずれかからご応募ください。

【 宛 先 】
〒566-0001 大阪府摂津市千里丘1-13-23
株式会社シティライフNEW 俳句係まで
FAX 06-6368-3505
https://pro.form-mailer.jp/fms/f413b102177160

【 応募フォーム 】
※締め切りは毎月25日必着
※いずれも一人5句まで
※掲載は次々号となります
※佳作は掲載をもって発表とさせていただきます。
※お名前と作品を掲載します。

 

● ● ●

 

山口昭男先生の最新巻の紹介

シリーズ自句自解Ⅱベスト100 山口昭男定価1500円+税 版元 ふらんす堂

既刊句集より100句抄出して著者みずからが解釈を付したもの。一句が出来上がるまでの作家の推敲のあとをたどることができ、実作者の句作りにおおいに役立つ入門書である。(Amazonなどで販売中)

 

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。