地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

働く保護者をサポート!小児科併設型の病児保育室がオープン

2022.04.05

4月1日に、医師が常駐する民間の医療機関(小児科)併設型の病児保育室「ここちぃ」がオープン。病児保育室「ここちぃ」は、病気の子どもが医療機関を受診し病児保育室で保育を受けるまでの手続きを同じ施設内で行うことが可能。

さらに、急な発病の際に保護者の代わりに子どもを保育園に迎えに行き病児保育室で預かる「レスキュー保育」も新たに実施する箕面市が、この医療機関併設型の病児保育に対し、運営費用を補助する。

「ここちぃ」の利用について
・対象児童 保育園・学童保育等に在籍している生後6か月~小学校3年生(未就学児優先)
・利用時間 月曜日~金曜日の午前8時~午後6時
・利用料  1日2,500円
・定員   9人程度
・場所   箕面市箕面6-7-45
・連絡先  病児保育室「ここちぃ」 電話:072-737-9343
※ご利用の流れなど詳しくは、病児保育室「ここちぃ」に直接問い合わせを

レスキュー保育の利用について
・対象児童 病児保育室「ここちぃ」を利用されたことがある方
※病児保育室「ここちぃ」の利用料のほか、保育施設までの往復タクシー費用、併設の医療機関(小児科)の受診料は別途。

問い合わせ
子ども未来創造局 保育幼稚園利用室
担当:福田さん
電話:072-724-6737(直通)

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。