地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

高槻出身 俳優・演出家 オクイシュージさん
映画『王様になれ』公開

2019.09.25

熱狂的なファンが多くミュージシャンに影響を与え続けるバンド、the pillows(ザピロウズ)。
[メンバー:山中さわお(ボーカル・ギター)、真鍋吉明(ギター)、佐藤シンイチロウ(ドラムス)]
結成30周年のアニバーサリーイヤー・プロジェクトで映画『王様になれ』が制作された。映画の脚本・監督を務めたのは、山中さわおさんと親交の深い、俳優・演出家のオクイシュージさん。初監督となった映画の制作秘話などを伺った。

―高槻の思い出は。
生まれは阿倍野ですが、小学校の時に高槻に引っ越してきて高校卒業までいました。思い出に残ってるのは、阪急高槻市駅近くの「たかおうどん」です。土曜日、学校から帰ってくると母が置いてくれた500円を握りしめ、よく行ってました。何年か前に寄ってみたら、当時と同じような雰囲気ではなくなってて…さびしくなりました。高校卒業してすぐ上京したので、東京にいる期間のほうが長くなっちゃいました。大阪人っぽくないってよく言われるんですが、コテコテなんです(笑)。

―映画や舞台など多方面で活動されていますが、印象に残っている作品は。
舞台「マシーン日記」です。舞台を休んでいた時期があったんですけど、大人計画主宰・松尾スズキさんに声をかけてもらい出演しました。初演で松尾さんが演じた役を再演で僕がやるということで、プレッシャーがありました。日本って有名な役者さんには甘いですが、無名の役者には冷たい傾向があって。全力で頑張ってたんですが、舞台に復帰してすぐで、その冷たさを肌で感じました(笑)。でも間違ったことは絶対やってないという強い思いを持ってパリ公演に臨んだら、「やっぱり間違いじゃなかった!」と実感できるすごい反応で、これからも演劇でやっていけると確信しました。

―今回、the pillowsの30周年記念映画『王様になれ』で初めて映画監督に挑戦されました。
クランクイン初日の最初の撮影がクライマックスシーンでした。観客が2,500人ほど入ったライブ会場で芝居をしてもらい、ライブシーンも撮るということで、目が回るどころの話じゃなくて(笑)。主演の岡山天音くんも、まだ役が自分の中に溶け込んでなかったと思うので、かなりプレッシャーだったかと。撮り直しができないので、ものすごい緊張感の中、追い込まれていましたね。

―山中さんの原案を1年半かけて脚本にされたそうですね。
ファンへの純粋な思いがすごく伝わってきました。「原案は全部取っ替えてもらってかまいません」って言われましたが、できる限り生かしたいなと。でも、自分の世界観と差があって、焦りました。脚本は20稿ぐらい書きましたね。かなり難しかったのですが、トータルで6,7割くらい原案を生かせました。ピロウズを知らない方にも楽しんでもらえるものを、という重責もありましたね。実はピロウズを知っていればわかることや、歌詞から引用したセリフなどたくさんちりばめてるんです。ただ、知らない人が見ても「気になる」「ひっかかる」ってならないように作っています。

―監督とよく共演されている役者さんが出演されています。
僕自身がやりたいことやニュアンスを感じ取ってくれる方を選びました。 ヒロインのユカリを演じた後東ようこさんは、新人の頃から見てきたこともあって今回抜擢しました。びっくりする演技を見せてくれて、衝撃でしたね。重要なシーンを撮った時、彼女の演技を見たスタッフも「この映画いけるかも!」と沸き立つくらいでした。

オクイ監督自身も主人公の叔父役で出演している。
Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

―完成披露試写会での観客の反応はいかがでしたか。
上映後出ていくと「ワー!」ってなると思ったら、割とシーンとしてて(笑)「そういう反応?」って不安になりましたが、明かりがついて客席を見ると、感情移入して、泣いてる方が大多数でした。そんな中、僕らが出てきてどうしたらいいかわからない状態だったようです(笑)。

―最後にメッセージをお願いします。
最初はライブハウスか小さい劇場で一館だけで公開できたらって言ってたのが、プロデューサーが加わり、スタッフがついてくれて全国で上映可能になって。ピロウズの曲は年代問わずに共感できるし、ピロウズを知らなくても楽しめる映画なのでどうか地元高槻の皆さんも見に来てください!

Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

=STORY=
カメラマン志望の祐介は、叔父の大将のラーメン屋で働いている。亡き父の影響で始めた写真にのめり込みプロのカメラマンを目指すも、夢を叶えるには現実は厳しく苛立ちと焦りにさいなまれながら過ごす日々。初めて足を運んだthe pillowsのライブで、思いを寄せるユカリをみかけ話すようになる。ユカリとの距離が近づくにつれて、祐介はthe pillowsの魅力にどっぷりはまっていく。

出演 : 岡山天音 / 後東ようこ / 岩井拳士朗 /奥村佳恵 / 平田敦子 / 村杉蝉之介 / 野口かおる /オクイシュージ / 岡田義徳 / the pillows 他

原案・音楽 : 山中さわお 監督・脚本:オクイシュージ

Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

9月13日(金)よりシネマート新宿他全国順次公開
大阪/シネマート心斎橋 9/20~
京都/京都シネマ 9/21~ 兵庫/元町映画館 10/5~


オクイシュージ
1985年に劇団青年座養成所入所、舞台俳優でデビュー。以降、劇団主宰や舞台ユニットの立ち上げなど、独自の世界観で脚本・演出・デザインを手掛け、松尾スズキ作演出の舞台など多数出演。10/25(金)公開の映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(監督・脚本・主演 松尾スズキ)にも出演する。

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。