地域情報紙「City Life」が発信する地域密着のニュースサイト

第11回「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式を開催

2022.10.13

箕面市では、市内小中学校児童生徒が式司会進行やノミネート作品プレゼンテーションを行う、受賞作家だけでなく子どもたちも主役箕面世界子ども本アカデミー賞※」授賞式を、3年ぶりに11月3日(木曜日・祝日)午後2時から箕面市立メイプルホール・大ホールにて行う。

箕面世界子ども本アカデミー賞」は、子ども読書意欲を高め、読書活動をさらに推進することをめざして、平成22年国民読書年に創設した賞。世界中には「大人が選ぶ」子ども賞はたくさんあるが、それら賞とは違い「子どもが本当に支持している本を、子ども自身が選ぶ」という全国でも珍しい取り組

授賞式には、受賞作品より絵本賞「ほげちゃん」作者・やぎ たこさん、作品賞「先生、しゅくだいわすれました」画家・佐藤真紀子さん、ヤングアダルト賞「54字物語 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説」作者・氏田雄介さんが出席予定で、当日は市立第二中学校生徒が制作したオスカー像が贈られる。
また、今後、各学校へオーサービジット(受賞作家など学校訪問)も実施予定。

【授賞式】
・日時:11月3日(木・祝) 午後2時開式
・場所:箕面市立メイプルホール・大ホール
・入場料:無料
●絵本賞:「ほげちゃん」やぎ たこさん(作者)
●作品賞:「先生、しゅくだいわすれました」佐藤 真紀子さん(画家) 山本 悦子(作者)
●ヤングアダルト賞:「54字物語 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説」氏田 雄介さん(作者) 佐藤 どり(絵)
●作品賞:「先生、しゅくだいわすれました」  山本悦子さん(作者)
●主演賞:「かいけつゾロリドラゴンたいじ」原ゆたかさん(作者)

【授賞式どころ】
①ノミネート作品プレゼンテーションから受賞作家へオスカー像贈呈まで司会進行すべてを市内小中学校児童生徒が担当。
②オスカー像は毎回市立中学生が手作り。今年は箕面市立第二中学校図書部部員が受賞作品からイメージを膨らませ思いを込めて制作。
③市内小中学校児童生徒が作者や主人公にあてた手紙が、オスカー像と一緒に作家へ直接手渡しする。
④作品を作る思いや考え、子どもたちに伝えたい事など直接作家から聞くことができる。

詳細はコチラから

【問い合わせ先】
子ども未来創造局 中央図書館 担当:大迫(さこ)さん
電話 072-722-4580(直通)

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。