地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【健康寿命をのばそう】将来の病気を未然に防ぐ「新予防」で現状把握と早期発見を

2019.12.14

生活習慣病や老年症候群の兆候を早期発見し病気を未然に防ぐ「新予防」を提案するサービス「HAP(ハップ)」。普段は意識しづらい体の小さな変化を、従来の健診とHAPオリジナルの問診・健診を組み合わせることによって細かく数値化し、専門家の指導やトレーニングを定期的に受けることができる新しい未病対策の形だ。

 サービスを提供するのは北摂を中心に予防・医療・介護・生活支援で展開する豊泉家ヘルスケアグループのグループ法人 株式会社豊泉家。介護や医療の現場で、利用者の「もっと早く体の変化に気づいていれば」という声を聞き、未病対策の必要性を感じたという。昨年11月にスタートし、健康に関心がある30~70代の約500人が利用している。

 会員に登録すると、まず従来の健康診断にあるような基本的な健診と認知機能健診、HAP独自の健診合わせて60項目と問診250項目で体の状態を把握する。HAPでは生活習慣病と老年症候群の要因を合わせて9種類に分類。運動能力や代謝機能、メンタルなど聞き覚えのあるものから、睡眠状況や口腔機能、またコミュニティの状況まで内容は幅広い。結果に応じて食事や運動、ライフサイクルなどのプランをスタッフと作成し、会員はプランを実践しながら、ウェアラブル端末を用いて睡眠状況や脈拍といった日々の情報を記録。月1回のカウンセリングで経過を振り返りプランを立て直す。サポートするのは医師や看護師、管理栄養士、アスレチックトレーナー、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師など体の専門家たちがそろっているため、西洋医学や東洋医学、運動・栄養療法などを組み合わせた多角的な視点でアドバイスが受けられる。

 ニューヨークをイメージしたおしゃれな建物内には、ラウンジやカラオケ、レストランなどコミュニティ形成やリラックス効果を目的とした設備もあり、気軽に健康に取り組めるのもうれしい。 登録料3万円、月額利用料1万2,000円(いずれも税別)。希望者は別途有料でトレーニング指導など多数メニューも受けられる。

豊泉家新予防センター 新予防HAP 桜塚

住所
豊中市中桜塚3-2-1 豊泉家ランドマークタワー4F
電話番号
0120-73-1182
営業時間
9時~18時
定休日
日曜

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。