地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【北摂EAST】旨さ溢れる 海の幸

2019.12.26

冬はふぐやカニ、クエをはじめ、魚がおいしい季節。
そんな海の幸にこだわり、料理人の技で楽しませてくれるお店があります。
新年は家族や友人と海鮮料理とおすすめのお酒で一献いかがですか。

目利きのオーナーが選ぶ魚で 熟練の職人が握る鮨

お昼のコース 3,600円(税別)
シャリにもこだわり、2種類あるお酢は3年熟成のものを使用。コースは鮨のほかに造り、天ぷら(又はあら炊き)、小鉢、赤だし、季節のフルーツがつく。新年を祝って贅沢な昼宴を。
 

 旨い鮨のために、伏流水を汲み上げ、地元茨木の上音羽・宿久庄の稲木掛けのお米を使い、魚は毎朝、中央市場で旬の天然魚をオーナー自らの目利きで選ぶ。そして職人の技で、魚の旨味を引き出し、ふわりとほどけるシャリで握る。昼なら豪華なコースがリーズナブルに楽しめるほか、持ち帰り用の棒ずしも鮮度と産地を吟味し、季節ごとにぐじ(甘鯛)、鯖などが揃う人気の一品。

天然鯛のあら炊きは、おかしらやカマを使い、ごぼう、豆腐をあしらい、針生姜、ふり柚子を効かせて。2月3日(月)には毎年恒例の節分の巻き寿司を販売(この日は営業)。

はカウンターで職人が握る鮨をつまみながら、日本酒を楽しみたい。2Fの宴会場もテーブル席になり、ゆったり食事が楽しめる。

魚庵すし若〈ぎょあん すしわか〉
茨木市西駅前町6-22
営/11時半~14時、17時~22時
月曜定休と不定休1日 
店内営業は年末は12/30まで、年始は1/2から。 禁煙
TEL 072-622-1335
https://gyoan.com

-----------------------------------------

最高級国産とらふぐを様々な料理で味わう 珠玉のコース

二代目 ふぐ義コース
5,980円(税別)
煮凝り(コラーゲン)、湯引き(てっ皮)、てっさ(ふぐ刺し)、とらふぐ唐揚げ、活てっちり( ふぐ鍋)、〆の雑炊までついた人気のコース。

 この時期のふぐは、冬の寒さと春の産卵に向けて栄養をたくわえるため、格別のおいしさ。ふぐ義では熊本県天草などで育てられた最高級国産とらふぐを、注文が入ってから捌くため、ふぐ本来のコクと歯ごたえが味わえる。てっさは1日寝かせて旨みを引き出すなど、ふぐを知り尽くした料理長が一番美味しい状態で提供してくれる。先代から引き継いだ、ふぐだけに合う自家製ポン酢でいただくふぐ鍋も絶品だ。

丁寧に焼き上げたひれを贅沢に使った、ひれ酒(730円)も人気。

(左)二代目の藤村料理長。(右)テーブル席や座敷のほか、2Fには宴会向けの大広間も。

高槻活けふぐ料理専門店
二代目 ふぐ義〈にだいめ ふぐよし〉
高槻市高槻町11-21
営/16時~23時(入店は21時まで)、昼12時~14時(前日迄要予約)
月曜定休(祝日の場合は営業)
TEL 072-681-9515

-----------------------------------------

牡蠣と鯖料理が自慢 おいしい海鮮とお酒が楽しめる店

牡蠣コース (2,500円・税別)で味わえる牡蠣料理一例

 店主が子どもの頃、毎年訪れていた福井県小浜市宇久が店名の由来。牡蠣と鯖が美味しかったことから、それらをメインにした海鮮料理を味わえる店に。大ぶりな生牡蠣は、ミルキィでぷりっぷり。他にも焼き牡蠣やカキフライ、グラタン、ガーリックソテー、リゾットなどが味わえる牡蠣コース(2500円)が人気。「牡蠣のための日本酒 IMA(グラス700円)」をはじめ、海鮮料理に合うお酒も取り揃えている。

海苔・大葉・生姜・ゴマなどの薬味を巻き込み、肉厚の鯖をのせた鯖すしも人気。2貫600円(税別)。

蠣鯖人酒 宇久〈かきさばじんしゅ うく〉
高槻市城北町2-14-11
営/18時~24時
日祝定休、12/30~1/5まで休み 
TEL 072-661-1880
uku.owst.jp

-----------------------------------------

獲れたてのカニの真味を目にも鮮やかな日本料理で

かにみそしゃぶ 時価
ズワイガニを一匹まるごとしゃぶしゃぶに。カニみそ入りの出汁に通し、花が咲いたら食べ頃。最後は炭火薫るかにみそをスプーンで。

 目利きにこだわった旬の食材を、贅沢な懐石料理で堪能できる同店。要予約の「雄コース」は、日本海で獲れた新鮮なカニ料理をはじめ、お造りや焼き物など季節感あふれる8〜9品を堪能できる。カウンター越しの熟練の技に魅せられながら、日本酒やワインと一緒にしっとりと。フグの旨味を愉しむコースも8,000円(税・サ別)から。

旨味の詰まったセコガニのほぐし身と内子、外子を、出汁のジュレでいただく。繊細で美しい盛り付けで、見た目にも季節感を味わえる。

日本料理にこだわり続けて25年。コース料理の最後には店主が点てた抹茶を提供している。

京口町 てるい
高槻市京口町10-2
営/12時~15時(L.O.13時半)、18時~ 不定休 
12/31~1/4まで休み 完全禁煙
TEL 072-672-7023

-----------------------------------------

藁焼きで感動的な旨さ 旬の魚と蔵元自慢の酒を

まぐろの脳天あぶり(手前)ホホ肉たたき
各890円(税別)

藁の火に包まれるホホ肉。火ので通し加減も絶妙で、焼かれた表面と身の食感に感動。必食!!

 実家が鮨屋ゆえに、子どもの頃から市場で魚を目利きしていた店主が「初めて食べた時に感動した」ことから始めた旬魚の藁焼き。煙の薫香がつくことで瞬間的に燻製のような状態になり、より一層魚の旨味を引き出してくれる。まぐろの脳天あぶりとホホ肉のたたきをひと口食べればもう納得!!「料理と同じくらいお酒も大切」と各地の蔵元に赴き、店主自ら選び抜いた日本酒や焼酎と一緒に味わおう。

鮮魚の造り七種盛り(2人前1,490円/写真は3人前2,280円)。店主の目利きで選ばれた大トロやたいらぎ貝、天然の鯛やヒラメのほか、天然ブリやさわらは藁焼きにしてくれることも。

海鮮料理と酒 いくひさ〈かいせんりょうりとさけ いくひさ〉
茨木市東奈良3-15-21 108
営/17時~23時半(L.O23時半)
月曜定休(他不定休あり) 禁煙
12/30~1/6まで休み
TEL 072-633-1555
facebook「海鮮料理と酒 いくひさ」で検索 ※予約がおすすめ

-----------------------------------------

「五島〆」の魚が名物 和食歴20年以上の店主の技が光る

造りと鮨の盛合せ 1,580円(税別)
まぐろは2~3日寝かすなど、魚を知り尽くした店主が握るすしも楽しめる。焼酎や日本酒もめずらしい地酒が豊富に揃う。

 毎週金曜に長崎県の五島列島近海で獲れた魚が届く「旬鮮やました」。地元漁師が「五島〆(ごとうじめ)」という独自の手法でしめる魚は究極の旨さと評判。しけの影響で、届く魚が少ない日もあるが、その美味しさに魅せられた人が足繁く通う。ほかにも潮の流れが早い海で養殖された鹿児島産のブリも絶品。質の良い脂がのったおいしさで、お酒との相性も抜群。

この日はクエやイサキなどが届いた。「五島〆」は獲った魚の鮮度を保持するため暴れさせないように瞬殺。神経を抜いて、血管を切り、血抜きを丁寧にすることで生臭さを軽減。魚本来の旨さを堪能できる。

旬鮮 やました〈しゅんせん やました〉
高槻市大畑町3-9 ジョイフルとんだ1階
営/17時~24時半(L.O24時)
水曜定休、12/31~1/3まで休み
TEL 072-694-3104
https://yamashita0930.owst.jp

-----------------------------------------

クオリティはそのままに 気軽な立ち飲みスタイルへ

刺身盛合せ 6種 780円(税別)
熟成させて、魚の旨味を存分に引き出した刺身盛合せは誰もが注文する人気メニュー。明石の生たこや、ヒラマサ、カンパチ、まぐろ、天然鯛など素材も一級品。

 7年前のオープン以来、鮮魚にこだわった料理と日本酒で人気を博してきた同店が、この
10月より立ち飲みスタイルの店に。料理の値段を下げ、昼12時開店と、いつでも気軽に利用できる店へと生まれ変わった。といっても、料理のクオリティはそのまま。「鮮魚は漁師から直送もあれば、市場や築地(豊洲)からの仕入れも。刺身は熟成させて旨みを引き出し、だしも丁寧にとるなど、一切手は抜きません」と店主。その味と価格におもわず感動。

二番出しだけでじっくりと煮込んだおでんはこれで500円!!(税別)。大根はきちんと面取りされ、素材の旨味がたっぷりしみわたっている。

カウンターでサッと立ち飲みできる。人気焼酎「魔王」がなんとグラス380円(税別)という驚きの価格。座敷はお席代としてドリンク類が以前と同じ価格になるが、料理は立ち飲み価格と同じというからうれしい。(座敷席は要予約)

おさかなと地酒 凛太郎〈りんたろう〉
高槻市北園町12-16
営/12時~22時
日曜定休 
12/31~1/5まで休み
TEL 072-658-6415
http://www.rintaro88.com

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。