地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【北摂WEST】羽ばたく おいしさ 鶏グルメ

2020.01.29

2月8日はニワトリの日!そこで、美味しい鶏肉や鴨肉をつかった料理が自慢のお店をご紹介。鍋でも、焼きでも生でもおいしい鶏グルメ。あなたのお好みの食べ方は?

ビストロならではのアレンジを加えた 炭火焼き料理に注目

フレンチ&炭火焼き料理が気軽に堪能できる本格ビストロ。鶏肉には「ひょうご味どり」や「播州百日鶏」を厳選して使用。炭火焼きの香ばしさ、ジューシーな鶏肉のおいしさをダイレクトに味わいたい人は、ひょうご味どりもも肉の炭焼きステーキ(1,680円・税別)などのシンプルなメニューをご賞味あれ!そのほか、部位に合わせて味つけを変えた、この店ならではの創作焼き鳥(ブロシェット)も一押しだ。

トリッシーニ~赤ワイントリュフソース~(1,480円・税別)は、播州百日鶏のハンバーグ+フォアグラの贅沢な一品。

「ねぎま+香草ガーリックバター」などがラインナップ。迷ったときはトリ5串セット(980円・税別)を注文しよう。

副店長の堀本さんが「ビストリッシュオリジナルの創作鶏料理をおなかいっぱい味わってください」と真心込めてサーブ。

炭焼 ビストリッシュ ~nonotory~
豊中市玉井町1-9-3
営(※2月8日より変更)/ランチ11時半~14時半(LO.14時)、
カフェ14時半~16時半、ディナー17時半~23時(LO.22時半)
火曜定休 21時まで禁煙
TEL 06-6858-7341
Instagram @bistoriche.nonotory

-----------------------------------------
創作も定番もお任せあれ 和食の技術を活かした鶏料理

上質な和食からカジュアルな鶏料理まで幅広く提供するあい鶏のオススメは、鶏もも黒コショウ焼(900円)。芳ばしく焼いたもも肉に薄焼きのリーフペッパーを挟んだ珍しい一品で、パリッとした食感、ピリッとスパイシーな刺激が鶏の濃厚な旨味と見事にベストマッチ!鶏ガラで約半日かけてとった自慢の出汁の博多風水炊き鍋(1人前2,500円)のほか、やわらかジューシーな手羽先甘辛揚げ(3本600円~)はお子様にも大人気。

数種類の鶏肉と玉ねぎを卵と特製出汁で綴じた炙り親子丼定食(780円)。一杯で様々な食感、味わい方が楽しめる。山椒をかけても吉!

店内手仕込みの鶏塩唐揚(750円)は絶妙な塩加減が美味。濃い味付けに一切頼らず、素材本来の旨味を際立たせている。

まるで茶碗蒸しのようなプルプル食感の出汁巻き玉子(500円)は丹波・奥里の卵“やまぶき”を使用。

鶏料理 あい鶏
吹田市原町4-23-9 2F
営/ランチ11時~15時(LO.14時)、
ディナー17時~22時(LO.21時)
火曜・水曜定休
禁煙(3階エントランスに分煙機有) 
P10台(共用)
TEL 06-6380-7777
http://suita-sankyu.com/aidori

-----------------------------------------
産地直送ならではの新鮮さ 地鶏の味わいを多彩に楽しむ

毎朝、丹波の養鶏場から直送仕入れする地鶏を自店で捌く徹底ぶりで、鮮度には自信あり!「丹波鶏の鶏塩鍋」(680円・税別)はあっさりとした飛鳥独自の出汁が丹波鶏のしっかりとした旨みを引き立て、冷えた身体をおいしく温めてくれる。良質な鶏ガラを10時間コツコツと煮込むことで濃厚なコラーゲンを抽出しており、お肌にも嬉しい。ふわっとやわらかな自家製のつくねは、鍋と焼きとでまた一味違った味わいに。

開店当初からの1番人気のつくね(160円・税別)。修行先の師匠から譲り受け、26年間継ぎ足しのタレは門外不出・必食の一串。

サッと炙り、鶏の脂が溶け出した「丹波鶏モモ肉のたたき」(680円・税別)。ニンニクと九州の特選醤油で食べるとコク深き絶品の味。

鶏一筋30年!優しい笑顔が印象的な店長の西川さん。地元で老若男女から愛されるお店作りの秘訣はお客様とのコミュニケーションだそう。

炭火やきとり 飛鳥
箕面市桜井2-2-5
営/火~土曜:17時~24時(LO.23時)
日・祝:17時~23時(LO.22時) 月曜定休
TEL 072-721-9044
https://k735800.gorp.jp

-----------------------------------------
朝引きの丹波黒どりなど 鮮度にこだわった地鶏を堪能

北摂では珍しい、丹波・但馬・讃岐の3種類の地鶏が愉しめる鶏料理店がニューオープンした。各テーブルに炭台があり、備長炭の香りを堪能しながら本格焼鳥が味わえると早くも評判だ。まず食べてほしいのが“朝引き”にこだわった丹波黒どりのお刺身盛り合せ(6種1,480円・税別)。鮮度がいいので臭みがなく濃厚な味わいで、鶏好きも唸る逸品だ。キッズメニューや個室もあり、小さいお子様連れも気兼ねなく寛げる。

注文されてから炊き上げる人気の釜めし。特製タレと黒どりの出汁がご飯に染み込み美味。細かく切られたごぼうが良いアクセントに。「地鶏の釜めし」(1,280円)

お刺身としても食べられるほど鮮度が良い丹波黒どりを使った焼き盛り合せ。肉汁たっぷりでやわらかいハツは絶品。

職人が手焼きで一番おいしいタイミングで提供してくれるカウンター席。沖縄産柚子胡椒や特製醤油など薬味もこだわり、おすすめの食べ方を教えてくれる。

炭焼処 四季匠〈スミヤキドコロ シキショウ〉
豊中市緑丘4-39-7
営/17時~22時半(LO.22時) 
木曜定休 P5台(要連絡)
TEL 06-6151-9919

-----------------------------------------
鴨+地鶏+発酵食品の三位一体のおいしさを満喫

国産最上級あい鴨として名高い紀州鴨が自慢の同店は、調味や素材の下ごしらえなどに発酵食品を多彩に使用していることにも注目。極・特上親子丼(1,280円・税別)は、紀州鴨のもも肉&つくねと、但馬産の地鶏の3種のお肉がごろっと入った大人気メニュー。さらに地鶏は自家製のダシ甘酒床に一晩以上漬け込んだものを使っており、たんぱく質分解酵素の効果でやわらかく、旨味たっぷり!

紀州鴨レアカツ(1,380円・税別)がいただけるのも専門店ならでは。塩麹+わさびなど、発酵食品をアレンジした調味料を添えて。

インスタ映えも抜群のトマトチーズ鴨つくね(1,580円・税別)は、トマトソースと鴨つくねをとろ~りチーズでコーティング。

「北摂では珍しい、鴨料理の専門店です。クセのない鴨肉の旨味と脂の甘味をじっくりご堪能ください」と語る統括料理長・醸せ師の吉田さん。

鴨と醸し 鼓道〈カモトカモシ コドウ〉
吹田市千里山西4-37-3 1F
営/ランチ11時~15時(LO.14時半)、
ディナー17時~22時半(LO.22時)
第3月曜・第3火曜定休 禁煙
TEL 06-6105-8000
https://www.kodou.co.jp

-----------------------------------------
知識と素材への愛情が詰まった究極の焼き鳥

アミノ酸がピークになる時間帯や酸化の防止などを考慮し、注文を受けてから串打ちをするというこだわりぶりはさすが!店主の木籔さんは日本料理の修行も積んでおり、焼き鳥メインの本格的な茶懐石もカジュアルに楽しむことができる。中でもこだわりのプリプリのせせり&一子相伝のつくねは必食!同店を初めて訪れる人はおまかせ焼き鳥コース(3,000円)をぜひオーダーして、その妙技に触れてほしい。

〆料理の名物 ごまだれの鶏茶漬けは、炭火で焼い
た鶏もも肉と自家製ごまだれの芳醇な香りがたまらない。

おまかせ焼き鳥コースは一日20食限定で、揚げ物やお刺身などが入った大充実の前菜からスタート。

“焼き鳥ってこんなにおいしいんだ!”という感動を味わってもらいたい、と一本一本真摯に向き合う木籔さん。

TORI TO NICK〈トリトニック〉
池田市石橋2-15-30 鳥竹南蛮亭ビル1F
営/ランチ(※土・日のみ)11時45分~14時(LO.13時)、
ディナー(火~土・祝日・祝前日)18時~24時(LO.23時15分)、
(日)18時~27時(※24時以降はバー営業)
月曜・第3火曜定休 テーブル席のみ禁煙
TEL 072-763-3300 
Instagram @toritonick

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。