地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

「高槻しいたけセンター」の乾しいたけが 大嘗祭の供え物に

2020.03.02

昨年11月に行われた大嘗祭(だいじょうさい)で、「高槻しいたけセンター」の乾しいたけが供え物として納入された。

大嘗祭では、各都道府県の特産物である「庭積の机代物(にわづみのつくえしろもの)」が供えられる。内容については野菜や果物、魚介といった山の幸または海の幸から各都道府県が3~5品目選ぶ。大阪府は栗、ミカン、エビ芋、ちりめんじゃこ、そして同センターの乾しいたけの5品目。生産者の渡邊美広さんに連絡があったのは昨年夏頃。「最初はピンとこなかったのですが、後ですごいことなんだなと思いました。その時に、実は平成の時に父も出していたことを知りました」。

同センターでは3~4月に乾しいたけ用のしいたけを収穫。「昨年は偶然にも発生が良く、高品質のものが採れました。年末の贈答品用にいいものを残しておいたので良かったです」と渡邊さん。今後について「あちこちからお祝いの声をいただいたので、ますます頑張っていきたい」と話している。

高槻しいたけセンター

住所
高槻市大字田能的谷2
電話番号
072-688-9359

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。