地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

ミスタードーナツが 創業50周年

2020.03.29

今年、ミスタードーナツが創業50周年を迎えた。第一号店である箕面ショップでは、当時のドーナツ「ツイスティ」(140円)、「コーヒーロール(シナモン入り)」(140円)など11種類を数量限定で販売(税抜き。販売個数、販売時間は日によって異なる)。店内には当時を思わせる照明などを設置し、また外観は白とオレンジを基調とした当時のデザインにリニューアルした。

コーヒーロール(シナモン入り)140円

 

ミスタードーナツは、ダスキンの創業者・鈴木清一氏が、1970年1月27日に、日本でフランチャイズ展開する権利を42万5,000ドル(当時の日本円で1億5,300万円)で買うことを決断したことに始まる。同年5月、正式に契約に調印した段階では、原料は全てアメリカから輸入される計画だった。しかし、当時は食品輸入規制が厳しく、急きょ、船便で送られてきたサンプルをもとに、原料や資材など全て日本で調達することに。

ツイスティ 140円

トラブルを乗り越え、1971年、箕面パイロットショップがオープン。143種類から選べる楽しさ、24時間いつでも買える便利さが人気を呼び、初日は1時間に4,000個を売ったという記録が残っている。

リニューアル後の箕面ショップ

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。