地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【FM COCOLO×CITYLIFE 音楽のCOCOLO vol.12】人生のなかで大切なアルバム(2020年4月号)

2020.04.01

ALBUM:YEAR OF THE Cat(イヤー オブ ザ キャット)
ARTIST:AI Stewart / アル スチュワート

25歳頃、当時やっていたフリースタイルスキーを本場で見るためカリフォルニアに渡り、偶然再会した友人とNY旅行へ1週間の予定がそのままルームシェアをして生活することに。大きな目的を持っている人達のなかで、自分はこれでいいのか?と不安になることもありました。このアルバムは、そんな時に出会ったなかの一枚で、なかでもタイトルにもなっている『YEAR OF THE Cat』のサックスソロがマンハッタンの景色とマッチして、汚い部屋にいるけれど最先端の文化をキャッチしている気分になって、“これでええのやな”と感じたものです。先日久々に聴いた時、蘇るNYの部屋と2020年の大阪の部屋が重なってとても新鮮な感覚でした。脳裏に刻み込まれた音楽は濃いスープみたいなもので、約40年という時間で薄めてまた新たに味わえる…という感じ。ちなみに女性が聴くと、“男ってこんなのでグッときてるんか!”と男のロマンを理解できるかもしれません(笑)。

Al Stewar(t アル・スチュワート) / 1945年9月5日、スコットランド、グラスゴーで生まれる。1966年に初のシングル「The Elf」を、1967年にアルバム「Bedsitter Images」をリリース。1969年に「Love Chronicles」を発表、メロディ・メーカー誌の”Folk album of the year”に選ばれた。カリフォルニアに移ったアル・スチュワートは1976年に「Year of the Cat」をリリースし、多くの人々の心をつかみ、大ヒットととなる。現在も精力的に活動している。


Monthly SELECT DJ/マーキー
1952年8月29日大阪府堺市生まれ。1975年、近畿大学を卒業後、スキー業界に飛び込みフリースタイルスキーと出会い渡米。アメリカの音楽、スポーツ、芸能など様々な文化に触れ、まさに「アメリカかぶれ」で帰国。その後、当時まだ日本では珍しかったフリースタイルスキーやサーフィンなどの大会で実況を担当。これがきっかけで「スポーツDJ 」という独自のジャンルを確立した。座右の銘は「人生現場主義」担当番組は『MARK’E MUSIC MODE』(月曜―木曜 17:00-19:43)、『SUNDAY MARK’E765』(日曜 11:00-14:00)それぞれの番組のtwitterは@MARKEMUSICMODE 、@cocolo_sm765

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。