地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

【FM COCOLO×CITYLIFE 音楽のCOCOLO vol.4】夏真っ盛り、ジャズでスカッと暑気払い(2019年8月号)

2019.08.01

ALBUM:Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer(暑い夏をぶっとばせ)
ARTIST:Nat King Cole

韻を踏んだ原題の「けだるくもわっとしたクレイジーな夏だよ」というのも猛暑のさなかの呟きを代弁してくれているかのようですが、なんといっても、このスカッとするぶっとび邦題にこめられたメッセージどおり、遊び心あふれる歌詞と軽快なボーカルを聴きながら、暑さをぶっとばしましょう!リズミカルに飛び出す真夏のワードは「ソーダやプレッツェルやビールの日々」に「ビキニの女の子」。ジャケットの砂浜には、ギンガムチェックのクロス、ゴロゴロと氷を詰めたクーラーボックス、スイカの入ったバスケット、ポータブルプレイヤーにはCapitolレインボウのレコードが。なぜか鯉のぼりを両手に掲げる男女もいて、それぞれにたわむれる恋人たちの楽しげなストーリーが波打ち際に刻まれます。今年生誕100周年を迎えたヴェルヴェットボイスのナット・キング・コールが終始ご陽気な、和み系夏ソング満載の一枚。60‘sのサマーアンセムでもあるタイトル曲で歌われるように「みんないつもそんな夏ならいいなって思うさ!」。

ナット・キング・コール / 1919年アラバマ州モンゴメリー生まれ(諸説あり)。12歳から父親の教会でオルガンを弾き、合唱団で歌い始める。37 年にキング・コール・トリオを結成、ピアニスト&シンガーとして活動。46年「フォー・センチメンタル・リーズンズ」が初のポピュラー・チャートNo.1になる。「モナ・リザ」「トゥー・ヤング」などのNo.1ヒットを記録。肺がんの為40代半ばの若さで死去。


Monthly SELECT DJ/尾上 さとこ
3月16日生まれ。大学在学中よりキャンパスDJとして活動。卒業後、日本語教師を経験し再びDJの道へ。FM802で活躍後、出産を経て2017年4月よりFM COCOLOの週末朝の顔としてモーニングショー『FRUITSO’SUNDAY』(日曜 8:00-11:00)を
担当している。 アロマテラピー、漢方、産後ケア、マクロビオティック、救急法などの資格を保持。古き良き時代への興味や思い入れが深く、40’S、50’Sの洋服やアクセサリーなどヴィンテージアイテムや、50 ’S~70 ’Sのソウル、ソフトロック、ジャズなどのレコードを収集。その他、映画鑑賞やフルート演奏など多趣味。
尾上さとこ Twitter @satokoonoe
尾上さとこ Instagram satokoonoe
尾上さとこオフィシャルブログ https://ameblo.jp/satokomura/

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。