地域情報紙「CITY LIFE」が発信する
地域密着のニュースサイト

~樹齢60年のサクラ咲く庭を開放~染色小田桐工房

2020.04.08

阪急桜井駅から徒歩3分ほど。ひらひらと舞うサクラの花びらに誘われて、素敵な純和風の家にたどり着いた。玄関前のかわいい椅子の上にある「庭のさくらでお花見」の文字が目に留まる。家はちょうど道の角にあり、垣根を越えて伸びるサクラの立派な枝ぶりは、通りゆく人の足を止めている。

家主の小田桐真由美さんが小学生の時に植えた樹齢60年ほどのサクラは大きくて見応えがある。毎年、この時期に自宅の庭を開放しているという。今年はマスクをしておしゃべりなしということで、静けさが漂う。春のありがたさをより感じ取り、うつろいゆく時間を堪能できる。

宮大工だった父方の祖父が1人で造ったという自宅兼工房では、展示されている染色の作品などを見ることもできる。

 

足踏みミシンや当時としては珍しいシャンデリアなどは一見の価値あり。

 

まずはピンポンを押してみてください(留守のときもあります)。
4月12日まで。

 

染色小田桐工房

住所:箕面市半町3-3-9
開放時間:10時~16時
TEL:090-4618-3475
instagram@odagiri_dyeworks

newstest

北摂・阪神の地域情報紙『シティライフ』編集部です。 地域密着の情報をお届けします。
HP https://citylife-new.com/

記事内の情報は取材当時のものです。記事の公開後に予告なく変更されることがあります。